【体験談】新生児から幼児になるにつれてベビーカーの向きを変えたほうが良い

babycar 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。最近は男性でもベビーカーを押していたり、抱っこひもをしてお出かけしている風景もちらほら見えるようになりましたね。夫婦ご家族で出かけている時だけではなく、お父さんとお子さんだけというケースにも時々出くわします。

僕も時々子供を連れて出かけたりしますし、普段仕事でなかなか長男と一緒にいることができないので、たまに抱っこひもをして長男と一緒犬の散歩にでかけることがあります。

赤ちゃんを抱っこしてるときに感じる重さって、なんだか言葉には言えないとても幸せに感じる重たさだと思いませんか?

抱っこ紐ですやすや寝てくれると本当に幸せな気持ちになります。妊婦さんが愛おしそうにお腹をさするの気持ちってこんな感じなのかな。

さてと。今回は娘の時にも使っていたベビーカーについて記事を書きたいと思っています。

ベビーカーを男性が押してみるとどうなるか

(いいこと)

・買い物で生じた重たい荷物をたくさんぶら下げて重たくなっても大丈夫。

・男性の場合、駅の階段などでもベビーカーごと持ち上げて移動することができる。

・奥さんの手が空くので買い物しやすい。

(よくないこと)

あんまり感じないのですが、しいて挙げるとすれば、男性は女性に比べて押す力が強いので、段差でつんのめった時の反動が大きいと感じることでしょうか。

ベビーカーを押していて気づくのは世の中本当に段差が多いということです。健常者なら気にならない段差でもベビーカーを押しているとスムーズに歩行できなくて困ることが多々あります。

子供とルンルン気分で散歩していて突然段差につまづいた時の恐怖と焦りは言葉で表現できないほどです。

男性は体重や押す力があるので、つまづいた時にベビーカーが大きく浮くんです。本当に怖いです。

自分でもびっくりしました。この体験はなかなか伝わりづらいと思いますが(僕の表現力が悲しいぐらい乏しいのもあります)、ベビーカーを押すときは是非注意してみてください。

ベビーカーを押すときの注意点

注意点って、「んなもん知っとるがな」と言われるかもしれません。・・・ま、確かに大それたことではないんですけどね。詰めの甘いぽんこつな僕が経験したことは次の通りです。

・ひじを少し曲げて遊びを設けて押す

→ひじは曲げて少し遊びを持って押すほうが良いです。ひじがのびているとつまづいた時に遊びがなくてそのままベビーカーを押し倒してしまいます。

・【重要】新生児や乳児の場合は対面にしてベビーカーを押す

→これ、いろんなメリットがあります。まず新生児や乳児の場合、外の景色より親の顔を見てたいんです。その方が安心しますし。なので、ベビーカーは対面にしておいたほうが良いです。

実際チャイルドシートも新生児や乳児の間は進行方向とは逆に回転させて後ろを向くように乗せるのをご存じですか?理由は複数あるかもしれませんが、ブレーキを踏んだ時にまだ首や体幹がしっかりしていない子供が前のめりになってしまわないよう、背中で衝撃を吸収するためでもあるんです。

ベビーカーも対面にしておけば万一つんのめっても背中からこけるので衝撃を和らげることができます。もしベビーカー乗っていて顔からベビーカーごと倒れていくとなると…想像するだけで背筋が凍ります。子供が小さいときは対面が必須です。

・【超重要】シートベルトをする

当たり前ですけどシートベルトを締めましょう。

これね、本当に本当にそうなんですよ。

犬の散歩中に妻が実際体験したのを聞いた話なんですが、娘が乗っているベビーカーから少しはなれて犬とボール遊びをしていたところ、強風にあおられたベビーカーが一回転して転がってしまったそうです。悲鳴をあげてベビーカーを見に行ったところ娘は無事乗っていてきょとんとした後、大泣きしたそうです。

ベビーカーは幌があるので風の影響をすごい受けるんです。幸いシートベルトをしていたのでベビーカーから放り出されることなく、ケガもありませんでした。本当に不幸中の幸いでした。

子供のためです。面倒がってはいけません。しっかりベルトはしましょう。

まとめ

うちのベビーカーは娘の時から数えるともう6年ぐらい使ってますが、故障することもなく安心して使えています。今はもっと改善されて素敵なベビーカーも多数出ていると思います。

どれが良いのか選定については本記事では詳しく述べませんが、ぶっちゃけどれでもいいと思います。実際押してみた感覚と費用で選んでもいいと思ってます。

大事なことはすでに書いた通り対面にすることと、シートベルトをしっかり締めること。これさえ守れば可愛い我が子とのお出かけがとっても楽しく幸せに感じることができます。

特に男性は生まれたばかりの子供に対して無頓着なところがあるので(悪気はないんです。。)是非参考にしてみてください。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました