子供が便秘の時に試してみたこと(綿棒で突く)

benpi 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。今回は全体的にトイレなど下の話になります。

うちの子がまだ乳児からようやく幼児になりかけたころは便秘に悩まされました。食べるのはしっかり食べるのですが、出るものが出ない。

その時我が家で試したことを書きますね。

赤ちゃんの時の便秘対応

いっとき便秘になって夫婦で困ったことがありました。その時に試したのが「綿棒でお尻をくすぐる」というものでした。まだ赤ちゃんなのでいちじく浣腸もできませんし、「一度お尻を刺激してみたら出てくるかもね」ということでやってみました。

その前に準備したのは以下の通り。

       ・タオル

       ・綿棒

       ・ティッシュ

       ・おしっこシート(ペット用)

役に立ったのは「おしっこシート」です。我が家は犬がいることもあり、ペットシートはたくさんありました。途中おしっこを漏らす可能性もあったので念のため敷き詰めていました。

いざ開始!

綿棒でコチョコチョしてると、泣きはしないものの、あまり反応がありません。

もう少しコチョコチョしてると・・・

       びっくり!

大量のモノが「ぴょーん!!」っと出てきました。

まるでおもちゃのびっくり箱の中からバネを使ってぴょーんと出てくるみたいに勢いよく。

bikkuribako

それはそれは二人でのけぞってびっくりしました。そして大笑いしました。「出た出た!ご出産おめでとうございます!」と二人で笑いあったものです。近くにいた犬もびっくりして大興奮!

当の娘はと言いますと、すっきりしたのと同時に、自分に起きたことがよくわからなかったんでしょう。一瞬一時停止したのち、大きな声で泣きだしました。

大量に出たもののペットシートが功を奏し、部屋の中も大事に至らず、「びっくりしたね。でもすっきりしてよかったね」と笑いながら服を着せたのを思い出します。

※場合によってはお尻を傷つけてしまう可能性もあるので、便秘の際は小児科へご相談ください。

少し大きくなってからの便秘対応

先の綿棒大作戦は一度しか行っていません。その後は病院へ行き薬をもらって少しですがきちんと排便できるようになりました。

ただ乳児も卒業してしばらくしてからまた便秘になりました。

その時は少しは娘も話すことができたので、ご飯食べたいのに出ないため、「お腹がいたい」とぽろぽろ涙を流すこともありました。

その時は妻が「浣腸する?そしたら楽になると思うよ」と話したところ、「する」と答えました。浣腸なんてわかってないと思いますが、とにかく出したかったんでしょう。

市販の浣腸を買ってきて、確か半分ぐらいの量を注入してトイレに座らせたところ、「うーん、うーん」と言いながらきちんと出ました。その間、涙を流す娘の目を拭きながら心配そうに見ていました。犬も近くに来て、我が家はトイレで頑張る娘の周りに家族みんな集合状態でした。

女性は便秘になりやすいと聞いたことがあります。娘も小さいとはいえ女性なので、便秘気味なんでしょうか。 僕はといえば逆でトイレが近く、すぐにお腹をくだすのでなかなか気持ちがわからないのですが、食べたいけどお腹張ってて食べられないというのは辛いですね。

4歳の今

今は普通に自分でトレイに行けるようになりました。ただし大きいのが終わった後に、お尻を奇麗に拭くのは親の役目です。

自分のタイミングでしっかり行けるものの、頻度は多くないため、一度に出る量が多く、正直大人の僕が見ても「よく出たね」という感想になります。

それだけにすっきりはするようですが、お尻が切れてしまうようで、その日のお風呂はそっと洗ってあげないと痛がります。

子供が大きくなるって、本当いろんなことが起きますね。

気を付けていること

子供が便秘気味なのは妻もとても心配していて、自前で甘酒を作って毎朝シリアルに甘酒を乗せて食べさせています。娘も「あまじゃけ よーぐると」と言って好きらしく、僕も食べたことがありますが、甘くて美味しいです。

ほかに一時期はシリアルに「オリゴ糖」もかけたりしました。結局どれが効果を発揮したのか成長と共に改善されたのかはよくわかりませんし、甘酒は現在も食べているので明確なことはわかりませんが、とにかくいろいろ試行錯誤をしています。

美肌や便秘解消、ダイエットにも効果的!? オリゴ糖は女性の強いミカタって本当?
https://www.kanro.co.jp/sweeten/detail/id=1829

あとは野菜や繊維質のある果物など。大人が服用しているビオフェルミンも1粒だけたまに飲むことがあります。このビオフェルミンはよく見ると錠剤の真ん中に「S」と書いてあるのご存じですか?それを見た娘が「エスのラムネちょうだい」と言うのは可愛いもんです。

以上、我が家の便秘に対するあれこれの記録でした。 おしまい。

追記:息子も便秘気味です。

2020年末に息子が生まれました。この記事に追記しているのが3月中旬になるのですが、息子も便秘気味で2~3日出ないのはざらです。

いろいろ調べてみましたが、赤ちゃんはまだ気張る筋肉もないので便秘はよくあることだそうです。そりゃミルク飲んだらすぐに出てきてくれれば安心ですが、しばらく出ないからと言って過度に心配する必要はないとのこと。

また今回の記事で書いた綿棒でお尻をこちょこちょする方法も一般的によく使われている手法ですので、息子にも時々行ってます。こちょこちょ中に出る時もあれば、刺激を与えてから少しして出たりといった感じです。

その他はマッサージ。お腹(下腹部あたり)を「のの字」にマッサージします。

「うんち出ろー、うんち出ろー」っておまじないを唱えながらマッサージしてます(笑)

あとは足の運動をさせています。足を持って自転車をこぐように「いっちに!いっちに!」と筋トレさせています。これらは効果があったのかすぐにうんちを出してくれたことがありました。

もう一つ気づいたのが、これは効果のほどは全く未知で僕が勝手に思い込んでるだけですが、縦抱っこしてる時間を少し多めにしました。というのも、自分に置き換えると食事してすぐに横になるより、歩いたり下ほうがお腹の中で下方向に食物が下りていきやすいのか便意を催すのが早いので息子にも試してます。もしよろしければ参考にしてください。

こちらの思い通りにうんうんも出てきてくれず一喜一憂しますが、どーってことはありません。短い乳児ライフを楽しみましょう!

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました