【2枚目の抱っこ紐におススメ】フェリシモ抱っこ紐。メインはエルゴに軍配

dakkohikaku 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

長男も4カ月が経過して首もだいぶ据わってきたので抱っこ紐が使えるようになりました。実は既に購入していたのですが首が据わってなかったのでなかなか出番がなかったんです。

首が据わってない時に試しにつけてみましたがやっぱり危険ですね…。首がグラグラしてるので安定しませんし、そもそも首が据わってない時期はまだ体も小さいので抱っこ紐の中でも赤ちゃんがグラグラしてしまって安定しません。

やはり抱っこ紐はしっかり首が据わってからすべきだと改めて勉強しました。

さて今回僕が購入した抱っこ紐はフェリシモというメーカーのもの。

フェリシモの抱っこひも
抱っこ紐ならフェリシモの抱っこひもの専門サイト。フェリシモでは通販カタログで扱っている、ファッション、子供服から雑貨といった商品のオンラインショッピングをお楽しみいただけます。

使い勝手が良いので記事にしておきますね。もしよければ参考にしてください。

フェリシモの抱っこ紐を購入したきっかけ

会社の福利厚生(リロクラブ)で子供が生まれた際の特典をいろいろ読み漁っていたところ、こちらのメーカーで割引クーポンがあったので購入してみました。元々3000円ぐらいで購入できるので、そこまで割高ではないのですが、せっかくだし評判もよさそうだったので購入してみました。

(良く知らなかったんですが、フェリシモって育児グッズがメインではなくて女性用のアパレルメーカー?なのかな。この前CMやってるのみてびっくりしました。僕の中では赤ちゃんグッズのお店かと思ってました…)

妻は長女が生まれた時に使用していたエルゴの抱っこ紐を持っているのですが、僕の分がなかったので探していました。

以前使用していたものはエルゴをもっと簡易的にしたようなものでしたが、腰部分で体に巻き付ける部分がなく、肩への負担がとにかく大きく、男性とはいえ長時間はしんどかったです。なので、途中からは抱っこ紐ではなく、おんぶとして使っていました。

ただ、その抱っこ紐ももう廃棄してしまって改めて探していたところフェリシモの抱っこ紐を見つけました。改めて抱っこ紐を買うにあたって、今回一番最初にチェックしたのが「肩紐の幅」でした。やはり肩幅が広いのは安定しますし疲れが来ません。

そしてもう一つが「腰回りがしっかりしているところ」

妻が使用しているエルゴを使わせてもらったことがあるのですが、さすが売れ筋商品。安定感と密着感が抜群でびっくりした記憶があります。あれならずっと抱っこできそうです。

エルゴじゃなくてもじーっと立っているだけなら腰部分で密着する必要はありませんが、歩くたびに赤ちゃんのお尻部分(ちょうど自分の腰部分にあたる)がブラブラすると、それだけでしんどくなってきます。

その点、エルゴはばっちり密着するので、個人的にエルゴの一番の魅力は腰回りがしっかり密着できることだと思っています。

フェリシモの抱っこ紐も、エルゴほどではないものの、そもそも抱っこ「紐」というより、「布」でくるむような(ちょっと言い過ぎかな。語彙力がなくてすみません)感じがしたので、腰にあたる部分もしっかり密着できそうだなと感じました。

結果、購入して付けてみても安定感抜群、ばっちりです。

エルゴは少々値がはるので、僕が持つ2枚目としては、フェリシモの抱っこ紐で十分満足です。

使った感想(良い点、いまいちな点、エルゴとの比較)

せっかくなので実際使ってみた良い点と、いまいちな点を書いていきます。

(良い点)

安い

⇒3000円程度で購入できるなら十分です。

携帯しやすい

⇒後でエルゴと比較した写真も載せますが、折り畳んで携帯できるのが良いです。エルゴは携帯するには不向きです。

エルゴと比べて装着しやすい

⇒シャツを着る感覚で付けられるのでらくちんです。
(装着の仕方は上部にあるフェリシモのサイトに動画が公開されています)

肩幅があるので負担が少ない

⇒先ほど述べた通り、やっぱり肩幅が広い、もしくはエルゴのように赤ちゃんの体重が分散されて負担が軽減される仕組みが施されている方が良いです。フェリシモの場合は肩幅が広いので楽です。

(いまいちな点)

赤ちゃんをおろしにくい

⇒赤ちゃんを乗せる時は楽です。自分が抱っこ紐を着て、お腹とのスペースに赤ちゃんをすぽって入れる感じで抱っこできます。ただおろす時が少し大変です。そのまま赤ちゃんを抱っこ紐の上に持ち上げるような感覚にしないと下ろせません。赤ちゃんが大きくなって足が長くなってくるとなかなか抜け出せないんです。

もし寝てしまってたら、もぞもぞしているうちに起こしてしまうので、布団の上に赤ちゃんを抱っこ紐に入れたまま、自分の体を抜け殻のように抱っこ紐から抜けて出るようにしています。

マジックテープの音で赤ちゃんが起きる

⇒上の赤ちゃんをおろしにくい点に関連しますが、抱っこ紐の正面部分にマジックテープがあります。この部分をべりっとはがすことで赤ちゃんの乗せ下ろしが楽になるのですが、このマジックテープがしっかりしている反面、はがす時に「べりっ」と少し大きな音がします。この時に赤ちゃんがびくっとなって起きてしまう場合があります。購入時に「マジックテープの音」までは意識がいきませんでした。

おんぶできない

⇒これは仕方ないですね。仕様です。長女の場合ですが大きくなってきたらおんぶしていたので、フェリシモの抱っこ紐だとおんぶはできなくなります。

ご参考:フェリシモ抱っこ紐の畳み方

フェリシモの抱っこ紐の装着の仕方はともかくとして、畳み方がよくわからなくなったので、試行錯誤した結果を以下に書きます。

適当に折りたたんでも小さく携帯できるようになるとは思いますけどね。

(折りたたみ方)

マジックテープがある方を床に向けて置く。

1dakko

まずは左上から畳んでいく。

2dakko

今度は左下を畳む

3dakko

次は右上を畳む
※反時計回りだと思って右下を畳むと上手くいかないので、ここがポイントです。

4dakko

最後に右上を畳むのですが、その際既に畳んで重なり合ったところに隙間ができているので、そこに差し込むように畳む。

5dakko

完了!

参考までにボールペンと比較した大きさも載せておきます。大分小さくたためます。

ookisadakko

まとめ

メインとしてはエルゴが良いと思います。エルゴの良さには敵いません。

特に女性で体力に自信のない方はエルゴの方がしっかり安定して密着できるのでらくちんですし、赤ちゃんとも近くなるので安心感も持てると思います。ぴったりくっつけるので赤ちゃんの臭いも嗅ぎたい放題です(笑)

2枚目のサブとして持つならフェリシモの抱っこ紐はおススメです。携帯しやすいし料金もさほど高くありません。

ベストはやっぱりエルゴ


エルゴベビー (Ergobaby) 抱っこひも おんぶ可 [日本正規品保証付] (日本限定ベビーウエストベルト付) (洗濯機で洗える)装着簡単 ベビーキャリア アダプト/ネイビーバンダナ ADAPT CREGBCAPEABANDA

2枚目はフェリシモで十分です。

フェリシモの抱っこひも
抱っこ紐ならフェリシモの抱っこひもの専門サイト。フェリシモでは通販カタログで扱っている、ファッション、子供服から雑貨といった商品のオンラインショッピングをお楽しみいただけます。

今回この記事を書くときに少し調べてみましたが、メルカリでもたくさん出品されていて、中には1000円切って売りに出している方もいるので、サブや予備として持っておくならメルカリで買うのもありかもしれません。

ちなみに、フェリシモの抱っこ紐を使っていると、うちの長男は肩紐の部分を口でちゅぱちゅぱ舐めてでろでろになります。口の前にあるとどうしても舐めたいようです。そんな時でもフェリシモの抱っこ紐なら、どーんと洗濯機に入れられるのはメリットと言えばメリットかもしれません。

もしよければ参考にしてください。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました