長年システム関係の仕事から異動になって思う事

fresh 転職・仕事

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

前回の記事でも書きましたが情シスから総務に異動になりました。

前回の記事

異動してからまだ3ヶ月弱か。うーん、システム関係の仕事を持ってきてしまっているというのもあるし(異動前の部署が僕が減ったことで純減になって手が回らず、増員もまだできてないこともあり)、僕自身今まで20年以上システム関係の仕事をしていたので、いざ総務で仕事と言っても、まだピンと来てないところはありますが、徐々に、本当に少しずつ慣れてきてるって感じでしょうか。

異動して3ヶ月弱で感じたことをいくつか書きます。

1.システムは所詮道具だったと気づいた

システムにいる時は「自分が会社のすべてを握っているんだ」と思ってました。本当に。でもこれ完全な驕りでした。システムがなくなると確かに今の会社はダメージが大きいと思います。でも、実際会社の中で大半の人がシステム以外の仕事をしてます。

営業で売ってきたり、受注処理したり、配送したり、建屋や電気管理する人いたりと。それらの人が一生懸命働いているから会社がまわってるんであって、いざ自分がシステム中心の仕事以外に従事することになったら「とりあえず、システムぐらい安定稼働しといてくれよ」って感じちゃいます。その「とりあえず安定して」というのが大変なのは実際経験しているので難しいのはわかりますが、システム以外の部署からしてみたら所詮そんなものです。

2.他部署でもシステムちっくな仕事はどうしてもある。

元情シスということもあって、総務に来てもシステムちっくな仕事は否応なく僕が担当することになります。元々嫌いではないですし、過去の経験が役に立つので悪い気はしないです。

情シスにいた時は広く浅くだったり、新しいパッケージを入れたり、というのは携われるかもしれませんが、他部署のシステム関係をやってると、案外特定のシステムに詳しく携われます。今の僕の総務ならグループウェアがそう。総務管轄なので今は僕ががっつり触ってます。詳しくなれます。

情シスやってても、たまにヘルプ対応などで人のエクセルファイル拝見して「うわっ!すごい関数使いまくってるな!」ってびっくりするときありません?分析や解析してる人なんて、エクセルをかなり使いこなしてるので、ある意味情シスの知識を超えてるときもあります。情シスはあくまでシステムの管理的な側面が多いと思います。

勿論自社開発で作ったプログラムであれば自分が一番詳しいのは当たり前ですが、それって単純に自己満足ですよね。まー、それを自分の城壁のように作り上げて人からの人望を集める手法を取る人もいますが。

3.いろんな経験ができる。

システムって、自社開発しても他社では通じませんし、古い言語のまま作ってることも多いと思います。よく言われるのが社内SEはその会社でしか通じず、スキルは落ちていくというもの。これは本当だと思います。なので転職して社内SEになると、良くも悪くも異動できません。

また一通りシステムが浸透してきたと思われる場合、意外とすることないです。過去の会社ではもはや自社システムのバグだしが仕事になってる人もいました。その点、総務は「対人」が主になるので、まーいろんなことがあります。前なんて迷子のお年寄りが会社敷地内に入ってきて警察が来たこともありました。それらが何かしらのスキルになるかといえば目に見えてスキルはつかないでしょう。

でも、明らかにつくスキルがあります。それは「コミュニケーションスキル」です。

至る所にコミュニケーションスキルが大切ってありますけど、これは本当にそうです。PCスキルだけあって、自分の考えですべて進めていくのは会社組織としてはダメでしょう。やはり他部署の人の意見や要望を聞いて作成する、それが仮に自分の考えと違っていてもいったんは人の話を聞いてみるということが大事だと思ってます。

その点総務はいろんな人と会話や折衝を行います。トラブルにも率先して携わります(巻き込まれるとも言う)あとは、人材採用。僕はまだ会社説明会を横で聞いてるだけですが、会社の魅力を伝えて採用して、その子たちを教育して成長していく姿を見る。これはやりがいを感じますね。

元プロ野球監督の野村克也さんも仰ってました「金を残すは三流、名を残すは二流、人を残すは一流って。金を残すだけでも至難の業だと思うし、それだけでも十分すごいと思いますが、やっぱり一番大切なのは人を残すことだと思うんです。

システムを作ったとしても残念ながら所詮道具です。それを使う人を教育、啓もうして、且つシステムをみんなが維持管理できる体制にする。自分がいなくても安定して稼働できるような形にすることがどれほど大変か。だからこそ人と交わり、人を育て、失敗も含めた経験をさせることが必要だと思うんです。

山本五十六さんも仰ってました。まさに「やってみせ」の名言の通りです。

システムから離れた今、自分にとって新たな道と言うか方向がぼんやりとだけど見えてきたように思います。だからこそシステム以外の仕事になるべく関わりたい。

仕事って、何をするかじゃないんです。誰とするかが大切なんですよね。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました