子供が生まれて半年はハーフバースデーでお祝い

half-birthday 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

昨年末に長男が生まれて半年が経過しました。親孝行な子供で大きな怪我やトラブルもなくすくすくと育っています。

先日めでたく半年が経過したので、ハーフバースデーとして記念撮影をしました。すべて妻がやってくれました。

ハーフバースデーの着ぐるみ。妻が作ったんですよ。すごいですよね。とは言え型紙は親切な方がネット上に公開してくださっており、僕はその型紙を印刷したのみで、道具は100均で妻が購入して作りました。

参考にさせて頂いたのは、「なごみ 3y+23w」さんのtwitterです。

僕は作る過程は関与していなかったのですが、裁縫というよりは工作に近いような感じで途中から妻も楽しそうに作っていました。

もうね、半年程度の赤ちゃんなんておもちゃですよね(笑)

幸いうちの子は人懐っこいのか、今のところ人見知りもなく話しかけたらすぐににこーって笑ってくれるので写真は撮りやすいです。

今回も本当に可愛い思い出の写真が撮れました。頑張って作った妻と、作り方を公開してくださったネット上の方々に感謝感謝です。

ちなみに今5歳の娘の時は作りませんでした。お互い余裕がなかったのもありますし、当時はこういった着ぐるみを作るというのが出回ってなかった?のかもしれませんが。

子育てしてると大変なことばかりですが、幸せな時もあります。

前にどなたの言葉だったか忘れましたが、こんな言葉が印象に残っています。

「子育ては8割しんどいこと。でも、残りの2割がめちゃくちゃ幸せなこと」というもの。

本当にそう思います。子供がまだ幼くて、手がかかるときは大変なことばかりで(大きくなったらなったで、別の心配事が増えるんでしょうね)、毎日くたくたになりますが、子供が半年元気に過ごしたことでこんなに幸せを感じることができるなんて、今に感謝しなくてはいけません。

あともう一つ幸せを感じたこと。

それは遊びに行った帰りの車の後部座席で子供2人が寝ている姿をミラー越しに見たとき。「ザ・ファミリーカー」って感じで、おそらく日曜夕方に走ってる多くの車の中も似たような光景が広がっているのかもしれませんが、ささやかな幸せを夫婦二人で感じた瞬間でした。

ふと思いましたが、誕生日って1年に1回しかしちゃいけないルールなんてないので、半年ごとや毎月でも好きにすりゃいいですよね。ケーキだって毎月食べたらいいのに。

頑張ったご褒美や幸せを感じる瞬間は人それぞれ、その数だけ存在するということでしょうか。

子育てをしている皆さん、今日も一日お疲れ様でした。

次のささやかな幸せを感じるために、また明日からもぼちぼち頑張りましょう。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました