角膜移植

2020年8月。以前より患っていた円錐角膜という病気治療のため角膜移植を受けました。当初は本来このブログで書いている内容と異なるため公開をどうしようか迷いましたが、「家族のためにも受けよう」と、移植手術を自分から選んだこともあり、こちらのサイトに「角膜移植」というカテゴリを作って公開しました。

角膜移植についてネットで検索してみたところ、各地の病院の治療方針などは複数見つかるものの、個人の体験談というのは、圧倒的に記事が少ないように感じられました。
それもそのはず、そもそも角膜移植そのものが日々多数行われているものでもないですし、対象は比較的年配の方が多いようなので、こうして現在41歳の僕が移植対象者としては、おそらく若い部類に入ること、こういうネットに投稿できる世代だとも思うので公開することにしました。

本記事を書いているのは移植手術で入院しているまさにリアルタイムで書いています。
(退院後の通院記録も残していきます)
そのため文章が支離滅裂であったり、誤字脱字もあるかと思います(なんせ片目が見えてない状態なので)後日退院して落ち着いてから順次加筆・修正していきますが、僕の角膜移植の経験が同じように移植を受けようか迷っている方、ご家族・関係者の方、病院関係者の皆様にとって「一つの体験談」として、ほんの少しでもお役に立てれば幸いです。

そして。
角膜を提供してくださった遠い異国のドナーの方、ご遺族の方へ感謝を申し上げます。
日本という小さな国のごくごく平凡な家庭のこれからの幸せな未来を一緒に見ていきましょう。

【角膜移植後の視力推移】

移植後経過日数視力(左)視力(右)備考
手術前0.010.70.01は光がわかる程度らしい。円錐角膜だと矯正しても改善せず常にぼやけている状態
24日0.2医療用ソフトコンタクト装着
30日0.4医療用ソフトコンタクト装着
37日0.4医療用ソフトコンタクト装着
51日0.5医療用ソフトコンタクト装着
71日0.4裸眼
366日0.5裸眼
The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました