角膜移植_入院15日目 退院

isyoku 角膜移植

今日退院できます。今は朝食待ち。

退院が決まった昨日午後から自分で点眼や、カッペ(プラスチックの眼帯)の取り付け方などを練習しています。点眼はできるようになったけど、カッペはまだ少し慣れない。丸の部分を目にかぶせる様につけないといけないのですが、感覚がなかなかつかめないので、手鏡などを買う必要があるかなと。

あと透明のテープを買わないと。今まではガーゼをした上にカッペをしていたので眼鏡を上から強引にかけると出っ張っててつけにくいところがあったけど、カッペだけの場合、何とか眼鏡をかけられる状態なので少しほっとしています

今まではガーゼをしていたので、左目も基本的にずっと目を閉じたままでしたが、前述の通り今(今朝から)はカッペのみとなり、左目も開けることができます。それが普通で、視野も広がって見やすいのですが、今までずっと左目を閉じてたこと、点眼後に目薬や涙が多少出るためちょっと見づらいところがあるけど、少しずつ慣れていこうと思います。

おとといから左目にはソフトコンタクトが入ったままなのですが、その影響もあってか左目だけでも少しだけ物の輪郭が見えるようになっていることに驚きました。

今までは左は何も見えなくて、本当に光がわかるかどうか程度だったけど、少し離れても手の指の数が何となく見えます。まだまだ視力が安定することは先なことはわかってますが、今でも少し改善がみられているので本当に嬉しいです。しかも、まだ昨夜の軟膏が残っているはずなので、ぼやけているはずが少しでも見えている。ほんの少しでも前に進めています。

朝の診察が終わり、改めて主治医より退院OKの回答をもらえました。ただ相変わらず膜が完全にできているわけではないので、特に埃っぽい場所に入るときはゴーグルなどをして注意が必要とのことでした。

あともう一つ質問していた「娘のプールの体験入学のためにプールサイドで見学したいが可能か」という点については、先生は誤解されていたようで「プール入るならゴーグルはしたほうがいいですね」とのこと。看護師さんも僕もびっくりしましたが、「見学のためプールサイド…」という話をしたら、「あ、それは全然大丈夫ですよ」とのこと。思わぬ形で「ゴーグルすればプールに入ってもよい」というのが聞こえたので嬉しい誤算でした。とはいえ怖いのでまだ入らないけど。

その他、「いつかはソフトコンタクトもできたら良いな」という話については、「それは可能ですよ。ただ、コンタクトなしでもいけるようになるんじゃないかな」とのこと。これもびっくりしました。今はまだ左目も視力が安定していませんが、裸眼でもだいぶ視力がよくなるようです。

元々円錐角膜で困っていたのは実質片目で見ていたため遠近感がなく、階段などにもつまづく、運転が危険、というのを直したかったためで、「ソフトコンタクトをつけたい」というのはあくまで運動するときや、そもそもソフトコンタクトってハードと違ってどんなものなんだろう、という興味もあるので付けてみたい気がしました。長年メガネをかけているのでメガネをかけての生活に特に不便は感じていませんが、やってみたいこと。の一つでもあります。

退院当日は両親が迎えに来てくれました。支払いを終え外に出たときはとにかく眩しいこと、2週間ぶりの外の空気はまだまだ残暑が厳しくて弱った体には堪えましたが、とにかく無事に退院できて良かったです。そのまま昼ご飯を食べに行きましたが、改めて手術や入院生活の話をすると、心なしか母は涙ぐんでいたように思います。
とにかく僕の人生にとって大きな大きな2週間が過ぎました。

前回
https://kazwim.com/kakumakunyuin14/

朝食。入院生活最後の食事。
The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました