角膜移植_入院4日目(少し落ち着く)

isyoku 角膜移植

目の痛みはほとんどなくなり、異物感はあるものの目も少しあけられるようになってきて経過は順調のようです。昨日まで続いていた微熱も徐々に下がり、食欲も出てきて出された食事はきちんと完食。吐き気もありません。
今朝の診察では炎症を少し起こしているようですが、このまま経過観察しようとのことで継続して目薬をして様子見。

体調がだいぶもどってきたので、こうやってブログを書いたり本読んだり少しずつ勉強しています。
ただ部屋の外の会話を聞いていると午前中続々のほかの部屋の方が退院しているように見受けられました。
僕は部屋の外に出たらいけないので、あくまで会話が聞こえてくるだけですが、「お世話になりました」といった会話が多く、1日や2日で退院する方も多いんだろ思います。
角膜移植は大きな手術ですし、最初から約2週間は入院と言われていたので覚悟はしてきたものの、やっぱり他の方が退院していくのを見ていると羨ましいな。我慢しないと。

昨日見せてもらった手術で取り出した古い角膜。持って帰っていいと言われたので念のため持って帰ることにしました。へその緒みたいに保管するつもりはないけど、とりあえず母親や家族には見せて…それからどうしようかな。

今日は15時からもう一度診察があるらしいので、それまでは部屋で待機。こんな時に限って持ってきたパソコンの調子が悪くなりリカバリを実施。なんとか記事をかけるまでに持ってこれました。
今使っているパソコンはすこぶる使い勝手が悪い!
今後記事をすぐにかけるように退院後は新しいパソコンを買おうっと。文字がスムーズに書けないのは本当にストレスでしかない。

少し具合もましになったので、手術当日~翌日の出来事を少し思い出したので書きます。
目が痛くて痛み止めや点滴が必要だった時、寝ていると痛みが強いものの、起き上がって歩いたりベッド脳の上に座ると痛みがすーっと引きました。特に顔を下に向けると痛みはひきましたが、看護師さん曰く下を向くのは良くないとのこと。とはいえ痛さに耐えきれず座ったり横になったりを繰り返しました。

あと、手術後は眼帯をつけるので基本的には片目での生活になりますが、片目を開くにしても筋肉や筋が片方の目ともつながっているため、手術をした目にも動きが伝わり、それが故に痛みが出てきました。なのでしばらくはなるべく両目を閉じて生活することが多かったです。
とにかく安静安静。


現在は手術後2日目ですが、異物感はあるものの手術した側の目も開くことができます。ただ目やにがひどく、頑張って開こうとしてもまぶたがくっついてしまいなかなか開けることができませんが点眼の際に看護師さんが一生懸命拭いてくださいます。本当にありがたいです。

15時からの診察では、午前中に起きていた炎症も少し落ち着いてきたとのこと。このまま様子見になりました。よかったー。

手術翌日
https://kazwim.com/kakumakunyuin3/

朝食
昼食
夕食
The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました