角膜移植_入院7日目(1週間経過。順調です)

isyoku 角膜移植

入院からちょうど1週間。手術から6日経ちました。
今朝の診察では少し目やにも減ってきたようで順調とのことでした。毎日同じようなコメントですが異常がないというだけでもありがたく思います。なんせ角膜移植という臓器移植を行ったんですから。
大きなトラブルもなく少しずつ進んでいることに感謝しなくてはいけません。

自分の感覚としては定期的に看護師さんに行ってもらう点眼前の目やにをふいてくれる時に稀に痛みを感じます。というのも看護師さんも人それぞれ、ふき方や力の入れ方が異なっており、少し力の強い方もおられます。自分ではできないので丁寧にしてくださっているとは思うのですが、拭いてもらったときは奇麗になったとしても、その時に若干痛みが出ることからガーゼと眼帯をした後に少し涙が出てしまうんです。その涙を自分で拭くことができないので(眼帯してるから)頬に流れてきたものをそっとぬぐう程度しかてきないのですが、目にたまった涙は所謂自然乾燥になります。それはそれでまた目やにになってしまうと思うんですよね。難しいところです。

ただ今朝診ていただいた先生も目やには少しずつ減ってきているとのことでしたので、順調なのは間違いないようです。

ちなみに今日で1週間。思っていたより早く過ぎているという感覚です。入院中は暇で暇ですることがないということもなく、普段の日中はこうして記事を書いたり、スマホでつまらないサイトを見たり、持参した本で勉強したりしています。ただなるべく長時間はせず、「疲れたらすぐ休む」ということを繰り返しています。焦らなくても時間はありますからね。

あと、自宅にいる妻と娘も少しリズムが出てきたようでお互い夜の20時ごろからテレビ電話しています。家ではお風呂あがって服も着替えて歯磨きも終わり、洗濯が終わるまでの時間。僕は20時半に最後の点眼で看護師さんが来るまでの時間で、ちょうどタイミングが合います。お互いゴロゴロ寝転がりながら会話しています(笑) 

今朝の診察の時に先生にいつになったらお風呂に入れるようになるのか聞いてみたところ主治医に確認するとのことでしたが、「まだもう少し先かなー」とおっしゃってました。「ですよね。。」って感じです。

前回
https://kazwim.com/kakumakunyuin6/

朝食
昼食
夕食

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました