角膜移植 勝手に質問箱

isyoku 角膜移植

質問されてないけど、勝手に回答してみます。

・移植を決めたきっかけはなんですか?

→会社の健康診断で視力検査の表が全く見えなかったこと。些細な階段でもつまづいたりして足の爪をはがしてしまったことなどです。詳しくは過去の記事をご覧ください。

円錐角膜との出会いと20年の付き合い
今は移植手術を終えて少し落ち着いてきたので、改めて僕が円錐角膜との出会いと付き合いを思い出そうと思います。はじ...

・移植を受けるにあたっての心境はありましたか?

→移植を決めてからは新しい世界が見えるようになるんだという期待の方が大きかったです。でも入院が近づくにつれて不安の方が大きくなりました。それは僕自身今まで入院も手術も受けたことがなかったこともあったと思います。

・家族の反応はどうでしたか?

→妻には前々から円錐角膜であること、治療は移植しかないことを話していたので了承してくれました。娘には直前に「お父さんはしばらくお目目の病院にいくね」と伝えたら泣き出しましたが、その後は妻とうまいこと過ごしているようです。今はスマホでテレビ会議もできるので、会おうと思えばリモートで会えるので良い時代になりました。

・会社へはどう伝えましたか?

→上司に話をしました。幸い理解のある会社だったため、こちらも了承してもらえました。ただ僕の職種はもともと一人だったのが、2名体制になったことも大きかったと思います。そうじゃなければ渋られていた可能性はあります。

・会社への業務はどうしましたか?

→入院期間中に月をまたぐことはない予定ですので、その間に絶対発生しうる業務に関しては手順書を作成して引き継ぎました。それ以外「発生する恐れのある業務」となると、すべてのトラブル対応も考慮する必要があり引き継ぎ資料が膨大になりかねないこと。また目の手術のため痛みが引けば話すことは可能なので何かあれば電話で対応することを伝えました。

・入院中の楽しみはなんですか?

→基本的に治療=安静しかないのでイベントがなく、変化があるとすれば食事ぐらいしかありません。それ以外だと日に日によくなっていく視力や、退院後どういった世界が広がるのかといった妄想をしています。

・手術当日はどんな感じでしたか?

→手術室にストレッチャーで運ばれ、その後は全身麻酔だったため意識はなく、気づいたら終わってました。ただ麻酔が切れてからの一晩は目の痛みがひどく、正直なところ手術後はしんどかったです。ただ一晩経過するとだいぶ落ち着きました。これは他の患者さんも大体同じようです。なので手術した1日2日を乗り切れば大丈夫かなと思ってます。

・入院前の準備は何かしましたか?

→会社の就業規則に特別休暇や疾病休暇、休職申請などがないか調べました。うちの会社では特別休暇というものがあり申請しました。その他健康保険の高額医療制度も申請、個人で加入している保険会社にも各種手続きと事前資料を取り寄せました。あと自治体でも何か補助はないかと窓口に行きましたが残念ながら費用を補助してくれるようなものは見つけられませんでした。

・入院中はお見舞いがありましたか?

→2020年は新型コロナウィルスの蔓延により全面的に面会禁止となっており、基本的に誰とも会えません。寂しいですが仕方ないですね。

・日中は何をして過ごしていますか?

→本読んだりテレビ見たり、パソコンでこうやって記事を書いてます。今はパソコンがあるのでBGMをかけながら、なるべく落ち着くような環境で無理せず安静にしています。

・洗濯はどうしていますか?

→普段の入院では家族が洗濯物を取りにきたりしてくれるそうですが、今回はそうもいかないので家から持参した洗剤を使って手洗いしています。基本的には下着程度なので量も少ないですし、その為に病院に設置されているコインランドリーを使うのも勿体ないかなと。ただ洗濯用洗剤を使うと手が荒れるので洗濯した後はしっかり手を洗って消毒しています。

・お風呂はどうしてますか?

→残念ながら手術後4日目現在、まだお風呂は入れていません。洗髪も洗顔もNGです。ただ顔(特に手術した側の)は看護師さんが丁寧に拭いてくださいますし、体と頭用、下半身用のタオル(こちらは使い捨て)は頂けるので、そちらで体をふいているので不快感はなんとか抑えられている状態です。でも湯船に入ってゆっくりしたいです。

・少しは出歩けますか?

→いいえ、特に手術後は絶対安静なので部屋からでることもできません。ジュースや飲み物が必要であれば看護師さんにお願いして買ってきてもらいます。

・病院関係者の皆さんはどうですか?

→とにかくとっても親切で本当に頭が下がります。今回入院した病院の看護師さんは全体的に年齢層が高く、良い意味で「お母さん」のようで、てきぱきしてるし、「〇〇しなさい」などとにかく的確です。なのでこちらとしてもしっかり話を聞いて言われたことを守るようにしています。本当にありがたいです。

・退院後は何がしたいですか?

→詳しくはこちらをご覧ください。

円錐角膜との出会いと20年の付き合い
今は移植手術を終えて少し落ち着いてきたので、改めて僕が円錐角膜との出会いと付き合いを思い出そうと思います。はじ...

・ドナーに対して思うことはありますか?

→詳しくはこちらをご覧ください。

円錐角膜との出会いと20年の付き合い
今は移植手術を終えて少し落ち着いてきたので、改めて僕が円錐角膜との出会いと付き合いを思い出そうと思います。はじ...

・ご飯は美味しいですか?

→とっても美味しいです。入院中にタイムリーな記事がネットに出ていました。どこぞの料亭かと思われるようなご飯が実は眼科だったとのこと。実際のところ眼科は目以外は悪いところがない人ばかりなので、「いかにも病院食」というのは出ないような気がします。とはいえヘルシーなご飯でとても美味しいです。

・入院前にしておいてよかったことはありますか?

→散髪。退院後も散髪はしばらく制限がかかるようなので事前に短くばっさり切りました。洗髪できない時間も長いので短くしておいて正解でした。その他爪切り、入念な準備、あとは子供と思いっきり遊びました。少しわがままもさせました。早く会いたいな。

・夜は眠れますか?

→はい、目の痛みが取れてからはゆっくり休めるようになりました。ただ隣の国道に夜中元気のよいバイクの音が時々聞こえるのでその時は目が覚めます。でも今は時間はたっぷりあるので、休めるときはしっかり休んで無理しないようにしています。退院が近づいてきたらリズムを徐々に戻していこうと思います。
※入院後しばらくすると全く眠れなくなってしまいました。その時は睡眠剤をもらいました。

・入院に持ってきたほうが良かったものはありますか?

→爪切りは持ってきたほうがよかったです。予め切ってはきましたが、さすがに2週間もいると爪が伸びてきたのが気になります。

あとは使い捨てマスク。点眼や診察時に薬を使用しますが、薬が目から頬をつたい落ちてきます。移植後ということもあり自分一人で簡単に拭くこともできず、マスクにまで垂れてきます。その薬が蛍光の黄色をしており、マスクに濃く残ります。何枚か持ってきたマスクのうち布マスクを使っていた際に薬がついてしまいました。退院後に洗って落ちるかどうかわかりませんが、入院中は下着類も含めて使い捨てを検討したほうがよさそうです。

・入院中困ったことは?

→洗濯が面倒でした。基本的には下着類ですが、一人分ですし数が少ないのでコインランドリーを使うのはもったいないし手洗い用に家から洗濯用洗剤を小分けして持参しましたが、手が荒れてしまうしやっぱり手洗いはしんどいなと。下着などは基本的に使い捨てできるものや、これを機に捨てるものを持ってきたほうが良いと思いました。なんなら下着は使い捨ておむつもありだなと思いました。

あとはwifiルータでも持ってきたほうがよかったのかなと。病院内の無線も使用可能ですが使用しているパソコンのスペックや滞在している部屋の場所などによって電波が悪く、はっきり言って少しの調べ物ですら苦労する状態でした。これならwifiルータを持ってきたほうがましです。あと病院内のwifiで接続するとブログを書くための管理画面に入ろうとするとブロックされました。ログインせずサイトをただの訪問者として表示するのは問題ありませんが、何かしらの管理サイトに入ろうとするとブロックされるようです。

仕事柄、院内SEの方と話したことがありますが、病院は個人情報の宝庫なのでおそらく金融機関並みにセキュリティには気を使っているはずです。おそらく一般患者がアクセスする無線と業務用は分けていると思いますが、それでもセキュリティをかけるのは当たり前なので、何かしらのサイトにログインして作業を行うのであれば自前で準備したほうが無難です。

その他、もし疑問点等ございましたらコメント欄にでもご記入頂ければわかる範囲でご回答させて頂きます。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました