角膜移植手術_139日後(感染症経過観察。ほぼ心配なくなった!)

isyoku 角膜移植

2020年最後の診察に行ってきました。

感染症はほとんど治ったとのこと。先生も安心されていました。よかったです。薬は念のためもう2週間服用することになりましたが、感染症の心配はいったんはなくなりました。

ただ糸の一部が若干ほつれているようですが、しばらく様子を見て年明けに抜糸するかどうか考えるとのことです。普段の生活では糸がほつれていることも気づかないので通常生活に支障はありません。しかしすごい医療の発達ですね。角膜を糸でぬっている。自分の左目がそんなことなっているなんて信じられないぐらいです。医療の進歩に感謝、そして改めて提供いただいた異国の見知らぬ方に感謝です。

角膜移植する前にいろいろな記事を読んで安定するまで長い付き合いであること。拒絶反応も他の臓器移植より少ないものの、数年後に反応が出たりと油断はできませんが、改めて今年の夏に角膜移植を行ってよかったと思います。

来年も引き続き点眼と定期的な通院に気をつけて提供頂いた角膜と長い付き合いができるよう努めます。

前回の診察
https://kazwim.com/kakumakusyujutu127/

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました