角膜移植手術_184日後(感染症治まり綺麗順調!)

isyoku 角膜移植

感染症の飲み薬や定期的な目薬を実施した結果、ようやく綺麗な角膜になってきました。

先生も「お!すごくきれい!」と仰ってました。感染症になったときは、目薬の時に痛みがあったり、異物感もすごく、目やにもひどかったのですが、今は落ち着きました。

病気やケガは何でも同じかもしれませんが、ある程度落ち着いてくると普段の日常が当たり前になってきます。それはそれで日常を送れるのはとても良いことだと思いますが、病院関係の方に度々診て頂いたことや、提供者の方があってこそだということを忘れてはいけないなと改めて思いました。

上述の通り今現在は普通に過ごしています。ただ、依然眩しいのと、目やにがまだ少しあります。定期的な目薬は継続です。あと怖くていまだに左目は一度もこすってません。

趣味の水泳も今は子供が小さいためいったん中止していますが、ノンクッションではなく、クッション付きのゴーグルに変えました。

40年一緒だった角膜とは別の方の角膜を頂いたことで、多少なりとも今までの生活が変わったことはあります。僕の中で今のところ一番大きい変化はサングラスをかけるようになったこと。

個人的にサングラスはあまり好きではなかったのですが、今はサングラスがないと日中目があけられません。車の運転は勿論、自転車に乗る時もサングラスをしています。

度付きのサングラスで、必要な時だけサングラス部分(レンズ部分)のみをメガネのフレームに磁石で付けられるタイプのものなので、建物の中に入ったら、レンズ部分を外して普通のメガネとして使用しています。なので、さほど不便は感じていませんが、普段は別のサングラスがつかないメガネをしているため、特に休日はサングラスを持ち歩かないといけないという手間は発生しています。

ですがトータルで言えば十分満足しているので問題ありません。

さて、病院ですが今までは2週間おきに診て頂きましたが、次回は1か月後で良いとのこと(ただし異常があればすぐに来るようにとのこと)

次の診察までの期間が長くなったということは、それだけ安定してきているということ。本当に嬉しいです。

前回の診察
角膜移植手術_163日後(角膜移植後の抜糸について)

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました