角膜移植手術_204日後(痛いと思ったらやっぱり糸がほつれていた)

isyoku 角膜移植

2日ほど前から目に痛みを感じていたところ妻からも「目が真っ赤になってる」と言われてしまいました。過去も何度か痛みや違和感を感じて病院に行ったら、ほつれた糸が原因だったので今回も同じかなとは思いつつも、「もし違ってまた感染症起こしてたら」という不安はありましたが、結果はやはり糸がほつれていました。

例によってほつれた糸を抜糸してもらうと、不思議なことに痛みがきれいさっぱりなくなり、目やにや充血もなくなりました。

先生からは糸がほつれていた以外は特に異常はないので心配しなくても大丈夫とのこと。次回の診察も1か月後になりました。

糸はあとどれぐらい残っているのか聞いてみたところ、角膜そのものは全周縫っているらしく、現時点で4分の1程度抜糸したそうです。

特に異常がなければ、安定させるためにも糸はこのまま残しておいたほうが良いらしく、異常があれば随時病院へ行って抜糸してもらおうと思っています。

角膜移植から200日が経過しました。移植した時は真夏だった季節も変わり、冬から春が近づいてきました。今回のように時々糸がほつれて痛くなるものの、感染症も収まり徐々に安定してきたように思います。

今試しに裸眼で左右の視界をみてみたところ、角膜移植した方が見えないのは勿論なのですが、移植前はほぼ光しか認識できなかったことを比べると視界はよくなっているように思います。

特に左目のすぐ近くまで物体を持ってくると絵柄がはっきり見えました。200日経過して移植前の視界がどうなっていたのか、はっきり覚えていませんでしたが着実に少しずつですがよくなっていそうです。メガネやコンタクトを付けたらどんな世界になるのかが楽しみです。

そう考えるとドラマなんかである、包帯をとったら「見える!見えるわ!」といった感動的なシーンは中々ないシチュエーションなのかなと感じます(笑)

前回の診察
角膜移植手術_184日後(角膜移植後の抜糸について)

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました