角膜移植手術_30日後(少しずつ表皮ができてきている)

isyoku 角膜移植

先日の医療用コンタクトが外れるというトラブルから2日目、当初予定していた外来診察に行ってきました(おととい急遽病院に来たものの、また来るようにと先生にも言われたので)
先日は大慌てでしたが、改めてソフトコンタクトを入れてもらうと、それまでの痛みがすっかり消えて今は快適に過ごせています。

先日のトラブルについてはこちら。

角膜移植手術_28日後(突然医療用ソフトコンタクトが外れる!)
トラブル発生。以前も書いていましたが、まっすぐ前を見ているときは違和感は少なくなったものの、顔を動かさず眼球だけを左右...

今日の診察前も移植した左目のみ視力検査を行いましたが、先日よりよくなってました。なんと0.4
医療用コンタクトをしているとはいえ、度もほとんど入っていませんが左目の視力が明らかによくなってきています。左目だけで見ても今までは本当に光程度しか見えなかったものが、物体の識別ができるぐらいまでわかるようになりました。
左目だけで生活するにはぼやけすぎてて不可能ですが、今までが何も見えず、物体の識別すらできていなかったので自分にとって今の左目は現時点でも奇跡的です。

先生に先日発生したトラブルでコンタクトを入れた後にすっかり痛みが消えた理由はいったい何だったのか、何が起きたのかを聞いてみました。
すると先生は目の写真を見せながら「本来であれば角膜の上に上皮ができるが、まだ完全にはできていない。上皮がない部分はいわばケガをしている状態なので、瞬きをするたびに痛みがあったはず。それをソフトコンタクトを入れることで絆創膏のようにカバーしているため痛みがおさまっている」とのことでした。わかりやすい説明で納得しました。

目の写真を見せてもらった印象ではまだまだ上皮が覆うまで時間がかかりそうでしたが、とりあえず今はソフトコンタクトを入れて落ち着いていること。上皮がきちんとできれば、それはそれで異物感や痛みも本当にだいぶとれそうなので、少しずつ視力が回復することを楽しみながら、これからも目には気をつけて日々過ごしていこうと思います。
次回の診察は1週間後です。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました