キッザニア甲子園に行ってきました。

sigototaiken 子育て

キッザニアの紹介

キッザニアってご存知ですか? 僕は知りませんでした。

公式URL)
https://www.kidzania.jp/

「キッザニアは楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。

体験できる仕事やサービスは、100種類!本格的な設備や道具を使って、こども達は大人のようにいろいろな仕事やサービスを体験することができます。」

キッザニアHPより

中に入ると街中が子供用に小さく作られており、その中を子供たちが縦横無尽にわちゃわちゃ走り回ってます。基本的には仕事を体験していくのですが、ユニフォームもちゃんと子供サイズで作られており、歯医者さんなど実際の道具が置いてあって本当にその職業を体験できます。実際仕事をしていると他の職業がどんな感じで仕事しているのか興味もあるので、大人も体験できたら楽しそうですよね。
就業体験をしたらちゃんとお金ももらえるんですよ(もちろん子供向けのキッザニアでしか使えない紙幣です)就業体験すると報酬がもらえて、何か買い物すると支払いが必要です。

キッザニアは東京と、兵庫県西宮の2か所しかないのですが、兵庫県在住の我が家にとって、兵庫県の会場はそう遠くなくとってもラッキーでした。

営業時間は午前の1部と午後からの2部の完全入替制です(ネット予約プランで終日も可能のようです)

1部:9:00~15:00
2部:16:00~21:00

ただ半日でめっちゃ楽しめます&疲れます(親が)

入場前

午前の部である1部は9時からなのですが、キッザニアは順番に入場して、人気のアクティビティは速攻埋まってしまうので、お目当てのアクティビティがある場合は朝早くから向かう必要があります。我が家は朝5時ぐらいに起きて車で向かいました。そんなに遠くないのになぜこんなに早起きしないといけないのかと疑問を持ちながらも、可愛いわが子の楽しむ姿を見るため(その姿を見て楽しむ妻のため)です。

ただし、会場駐車場は7時にならないと入れてくれません。ガードマンが立っていて入れないんです(7時前に入ろうとしたら追い返されました(笑))。どうりで会場付近のコンビニ前などに車が複数停まっているわけだ。しかもいかにも家族連れが乗ってますって感じのミニバンタイプばかり。みんな考えることは同じなんですね(笑) 

うちも付近のコンビニによって娘が飲みたいと言っていた牛乳を買いました。

で、そうこうしてると7時を少し過ぎて若干で送れてしまいました。そう遠くないところから朝早く起きて向かったのに少し出遅れるという…。

7時に駐車場に入って、そこから会場前の受付(ショッピングセンターの玄関ホールとでも表現したらいいのでしょうか)に「入るため」の列に並びます。

時間になったらその玄関ホールに通されます。これから開場までが、これまた長い。しかもまだお店が開いてないショッピングモールの玄関ホールです。事前にレジャーシートを持って行ってたので、その上に座って家族でグダグダ待ってました(トイレは自由に使えます)。
9時の開場になると、入った人からお目当てのアクティビティに向かいます。食事処「さと」がどうやら人気があるようで、すぐに人だかりができていました。

今回体験したアクティビティ

・ソフトクリーム屋さん(日世)

娘はアイスクリームが食べたいので、アイスクリームのアクティビティへ。まだ到着して働いてもないのに早速デザート食べるのに子供用紙幣を使って一番に並びました。

ソフトクリームを作って、デコレーションのチョコレートをぱらぱらっとかけたら自分だけのオリジナルアイスの完成。まだ働いてないのにアイスをのんびり食べだしました(笑)

・歯医者さん(LION)

本格的ですね。歯をガリガリ削ったり(みんなが嫌いなあれです。正式名称はなんていうんでしょうか)、ガラス越しだったので、どういう説明と指示を受けていたのかわかりませんでしたが、なんだか薬品みたいなのを混ぜ混ぜして人形の患者に塗ってました。2人ペアで作業するのですが、2人仲良く(ペアの女の子は知らない子でした)、一緒に治療してましたよ。見ている側は微笑ましく見ていましたが、やってる当事者たちは真剣そのものでした。場合によっては将来の選択肢の一つに入るでしょうし。本当良い経験ですよね。

haisya
歯医者はどんなお仕事なのかなー。

・街時計(SEIKO)

これはね、ただただ可愛いです(笑)

時間になったらキッザニアの中にある時計台でポンポンを持ってダンスするんです。確か30分間隔ぐらいかな。
時間になったら時計台でダンスするという仕事は僕自身見たことも聞いたこともないのですが、とにかく可愛いです。

・病院_看護師(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

病院の体験もありました。
病院とはいっても医師、看護師、薬剤師、救急救命士と分かれており、今回は看護師として新生児室の担当をしました。

もうすぐ自分がお姉ちゃんになるというのは理解しているので、赤ちゃんを楽しみにしていてお世話の仕方を学びたかったようです。赤ちゃん(の人形)をお風呂に入れてあげたり服を着せたりしているのを見ていると弟ができることで自覚もできてきたのかなと微笑ましく、可愛く見える一方、洗い方が雑だったり、途中よそ見して赤ちゃんそっちのけになったりと、医療従事者としては集中力が足りないのかなと思いました(笑)

でも、最終的に赤ちゃんを抱っこして写真を撮る姿を見ると満面の笑みを見せてくれました。よかったよかった。

・運転免許証取得(三菱自動車工業)

レンタカーにも乗れます。ただそのためには免許証が必要になります。当日は時間がなかったので最後に免許証だけ取りに行きました。

席についてきちんと交通ルールについて話を聞いて最後は試験もあります。試験用紙は開始の合図があるまで裏面にして配られるのですが、開始の合図と同時にうちの娘は裏面に絵を描きだしました(笑)

慌てて「違うよ!紙をひっくりかえすんだよ!」と教えて表面にしましたが、案の定さっぱり理解できていないようで、隣の子の用紙をがっつりカンニングしていました。隣の子と話していたので相談するのはオッケーなのかもしれません(笑)

試験終了間際には先生がこっそり(見方によっては堂々と)回答を教えてくれて試験終了。

試験結果を待つ間はみんな目を閉じて待っているのですが、おめめをぎゅーっと閉じたまま待っている姿がとってもかわいかったです。

結果は…見事合格! 無事免許証を取得できました。

本当はそのままレンタカーに乗りたかったのですが、当日は時間がなかったため、免許取得でおしまい。もちろん駄々こねて大泣きでした。

すると、運転免許試験場の隣にある声優体験ができるアクティビティのお姉さんが娘の涙を拭くようにティッシュをくれて慰めてくれました(さらに、しばらくするとそのティッシュを回収にも来てくれました。とっても優しいお姉さんでびっくりしました。ありがたかったです)

レンタカーは次のお楽しみです。

・病院_救急車(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

再び病院へ。今度は救急救命士として怪我した方の元に救急車でかけつけます。当日は時間帯やコロナの関係もあってか普段よりだいぶ人はすくなかったようで、小学生ぐらいの男の子とうちの娘の2人。無事患者を救急車に乗せた後は助手席に座ってマイクでアナウンスしながら病院へ向かいます。

「きゅーきゅしゃがとおります。みちをあげてください」

ちっこい子がマイクでしゃべると、街中にいる大人たちも道をあけてくれます。娘は一生懸命マイクで話します。それを見ている親は可愛くて爆笑します(笑)

出動
出動!
救急車
救急車うごきますよー。

食事について

食事については注意したほうが良いです。何を注意するって、食べるところがなっかなか確保できません。
街時計の正面にあるステージ前にはいくつか席があるものの、やはり食事時はなかなか空いてません。

そして、おいしそうだなと思えるピザ屋さんの前は数家族分ぐらいの席しかないので競争が激しく、一度座ると食事が終わってもゆっくり過ごしておられたりで、なかなか空くこともないですからね。。

結局うちは確保できなくて、予め持参していたおにぎりを食べました。アクティビティ待ちで娘が座っているときに食べさせたり、その時は自分たち親は立って食べたり。

これはキッザニア以外のアミューズメントパークでも似たような状況になるかもしれませんが、特にキッザニアの場合は食べる場所の確保が難しく、早くに入場して食事時を狙ったアクティビティに申し込んで、早々に近くの席を確保しておくか、ステージ前の比較的多めにある席を確保して、会場内にある食べ物を買ってくるかなど工夫は必要かと思います。
あとは我が家みたいに、待ち時間に食べるなど(行儀悪いかなとは思いましたが。。)

まとめ

まとめになってませんが、キッザニアはとにかく可愛いです。

小学生ぐらいになれば、単にかわいいだけではなくてもう少し「仕事」について理解できたり、漠然と「将来はこんなことやりたいなー」や、普段何気なく見ている仕事を見る目も少し変わってくるのかもしれません。遊園地などと違って実際の仕事を体験できる数少ない体験施設なので本当にいい経験でした。

せっかく日帰りできる場所に住んでいるのでまた行きたいと思います。 帰りの車の中では案の定、娘と妻はすぐに寝ましたとさ(笑)

おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました