(購入編)スズキ 新型ソリオ(2020年発売)を購入しました

kuruma 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

2020年の春に妻の妊娠がわかりました。
夫婦共に40歳過ぎての妊娠だったので諦めていたことが現実に起きたことですごく嬉しいと同時にびっくり仰天。いろいろあたふたした中で、「車どうしよう」という問題が浮上しました。

僕は大学時代にバイクに乗っていて、それから独身の20代はほとんどバイクで過ごしました。妻と出会う少し前の20代後半ぐらいだったか、親からお古のワゴンRをもらって乗り始めたのが僕と車の付き合いの始まりです。

結婚後長女が生まれる前にスライドドアのスペーシアに乗り換えて現在に至るまで約15年ぐらいずっと軽自動車に乗っています。
セダンタイプなんて、学生時代に通った教習所以来20年以上も運転したことがありません。
(ちなみにバイクはその後、娘のベビーカーに変わりました)

そんな僕が意を決してスズキ 4代目ソリオを購入しましたのでレポートしますね。
※この記事を書いている時点ではまだ納車されておらず、運転の感想はありません。

スズキ 4代目ソリオ(2020年発売)
https://www.suzuki.co.jp/car/solio/

軽自動車でいろいろ出かけた

drive

購入レポートの前に、現在までの軽自動車との付き合いを(興味がない方が多数だと思うので、その際は読み飛ばしてください!)

まだ子供がいない時は軽自動車で妻といろんなところに出かけました。結婚後すぐに犬がうちに来たので、夫婦と犬1匹で軽自動車でたくさん旅行に行き、季節によっては高速のパーキングで車の中でみんなで雑魚寝したこともあります。

西は広島、東は三重県、南は和歌山、四国は1周。九州や関東は行っていませんが、軽自動車でたくさん旅行しました。壊れることもなく素直に動いてくれて本当に楽しい思い出がいっぱいです。

安全性には疑問があるようですが、僕はおもちゃのように扱いやすい軽自動車が気に入っていて何ら不満はありませんでした。

しかも最近の軽自動車って広いものは本当に広いんです。特にスペーシアは中の空間がとても広くて視界も広く運転しやすいのでお気に入りでした。

買い替えのきっかけ

前述の通り2020年春に妻の妊娠がわかったことがきっかけです。

スペーシアの場合、長女1人だったときはベビーカーを乗せると他の荷物があんまり入らなくて、チャイルドシートの長女と、その隣に妻。助手席が空くので助手席に荷物を積んだりしていました。荷物が多くなったり、犬の荷物も積むともういっぱい。

drive2

長女も大きくなってくるとベビーカーは必要なくなったものの、おもちゃや服などを入れていた僕の出張用のスーツケースでは足りなくなってきてしまい、そろそろ大きなスーツケースが必要だなとも思っていたので、それではいよいよ車に荷物が乗り切れません。人だけは乗れても荷物が入らない状態…。

軽自動車も7万キロ走っており、長女が小学生になったら、そろそろ普通車に買い替えなのかなーと思っていましたが、3人家族で子供も女の子ならずっと軽でもいけるかなとも思っていたので、あまり深く考えていなかったのが急転直下。車の買い替えを考えなくてはいけなくなりました。

そこで車屋さんに行って、いつもお世話になっている営業さんに相談しました。スズキではソリオという車がコンパクトでファミリーカーとして有名なことは事前に調べておいたので、早速見学させてもらいました。

その後、我が家が車を購入するうえで一番の問題が「車庫に入るか」でした。

我が家は車庫の上に住居スペースがある小さな家で、尚且つ家の前の道はとても狭いので車が車庫に入るかどうかが心配でした。物理的に入らなければ買い替えの仕様がなく、軽自動車続投決定です。
新たに駐車場を契約して、、なんてことは考えられませんでした。

家の前の道は狭いのですが、近所の方は大きなミニバンや乗用車をそれぞれのご自宅に停めておられます。なので大丈夫だとは思っていましたが、なんせ僕の運転で車庫に入るかどうか。運転自信ないんだよな…。

すると営業さんが「車庫に入るかどうか試してみますか?」と言ってくださるので、試しに入れてみました。

結果、入りました。良かった…。本当に安心しました。

もうね、試乗車だから大切に使わないといけないし、心配で心配で。

車庫入れの時は営業さんに外に出てもらい、めちゃくちゃ慎重に車庫入れしました(今後一人で車庫入れできるんだろうか(笑)) 何はともあれ無事車庫に入ったので、いよいよ購入を現実的に考えなくてはいけなくなりました。
安くもない買い物ですし内心「車庫入れ無理とわかったら諦めて軽自動車乗り続けるんだけどな」と思っていたのも事実です。

購入前の注意点

・モデルチェンジが近づいていないか。

⇒購入を検討していましたが、ネットでいろいろと口コミを見ていると、どうやら近々モデルチェンジをする噂が。どうせならと新しいのが出るまで待とうとしました。

ただモデルチェンジも内容によりますね。。モデルチェンジでソリオは若干大きくなりました。ひやひやしながら車庫入れした僕にとっては「少し大きくなって車庫に入らなくなったらどうしよう」と気が気ではありませんでした。

最終的にモデルチェンジした車でも車庫入れをさせてもらい、無事に駐車できたので、ようやく購入の決意を固めることができました。

・車検のタイミング

⇒車検前に手放すほうが一般的には良いそうです。もしくは車検までの残り期間が1年以上だと査定価格もあがるようです。

逆に12月を超えてしまうと年式として「プラス1年」となってしまうので、12月までに下取りに出さないと年式が古くなり下取り金額が下がる可能性があるとのことです。

・キャンペーンの利用

⇒これだけ迷っていると車屋さんからたくさんのチラシやハガキが届くようになります。もはや見込み客としてロックオンされている状態です(笑)

こちらも購入する気はあったので、あとはタイミングをいつにするかでした。

モデルチェンジ直後なので一般的に値引きは期待できないので、オプションキャンペーンなどを利用しました。「〇〇までに購入すると特典」などがありますが、キャンペーン内容もしっかり見ておかないと(欄外に米印付で書いてある注意をしっかり読んでおかないと)対象から外れてしまう可能性があるので注意が必要です。

例として「〇〇まで購入」とあるが、「新車登録月が〇〇まで」や、「先着〇〇台」など。「〇〇までに購入手続きしたのに!」となってしまいます。要注意です。

一般的には年度末の3月ごろの購入の方が車屋さんの決算前の売上確保のため値引き交渉がしやすいという記事をよく見かけます。

これはあくまで個人的な感想ですが、僕はあまり価格交渉はしたくありませんでした。

そりゃ安く購入するに越したことはありませんが、今後もずっとお世話になるので、あまりに値引き交渉をして関係を悪化させたくないなと。なるべく良好な関係を気づいておきたかったので、あまり値引きの話はしませんでした。

なので総購入金額としては損しているかもしれません。

・自動車税がかかる4までに買い換える

⇒自動車税は4月1日時点の所有者に対して発生します。なのでそれまでに買い換えたほうが若干お得になります。

・希望ナンバー

⇒希望ナンバーがあれば、購入時に希望を出しておきます。我が家の場合は夫婦の誕生日を使った数字にしており、現在の軽自動車と同じ番号を希望しました。

・メーカーオプション

⇒これは現在の軽自動車では失敗しました。。

オプションには「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」というのがあって、前者は発注時にしか対応できないものがあります。例えばスライドドアを自動にするかどうか。実はスペーシアを当時購入する際に自動にするかどうかの選択肢がありましたが、ケチってメーカーオプションを付けませんでした。
購入後子供ができてからは自動で閉まったほうが良かったなと本当後悔したものです。 ディーラーオプションは後からでも対応してもらえますが、メーカーオプションは購入時によくよく注意が必要です。

子育て世代としておすすめオプション

・ナンバーリム

⇒ナンバープレートの外枠です。最近はつけている車を見かけるようになりましたが、例えば銀色などでできた枠です。

ただの飾りといえばそうかもしれませんが、ナンバー部分って意外と手が切れそうで危ないんです。うちの子も少し大きくなって歯ブラシで洗車を手伝ってくれる時があるのですが、ナンバー部分がむき出しになっていると切れそうで怖いです。

ナンバーリムがあると安心なので僕は重宝しています。

・自動ドア(軽自動車で後悔)

⇒上述した通り、子育て世代にとっては重宝すると思います。少なくとも助手席側は。

我が家の場合2人子供がいるので、両サイド対応しているグレードにしました。

・テレビ(後席モニター)

⇒この記事を書いている時点ではまだ納車していないので、効果は未確認なのですが、唯一妻と意見が一致したオプションがこれです。子供はすぐにぐずります。まだまだ車から見る景色を楽しんだりできないので、DVDなどを見せてあげようと思っています。

ただ車酔いしないのか心配です。

車酔いの記事はこちら
子供の乗り物酔いは脳の発達に関係あり?!

・他安全機能

⇒これはフル装備にしました。家族の安全をケチるわけにはいきません。これは最優先です。

スズキの場合「スズキ セーフティ サポート」というのがあるようです。

「スズキ セーフティ サポート」についてはこちら
https://www.suzuki.co.jp/car/solio/safety/

・ナビ(全方位モニター)

⇒ナビは方向音痴の僕には必須です。

あと「スズキ セーフティ サポート」の中にもありますが、全方位モニターでナビの画面に自分の車を映して駐車しやすくする機能があります。今は多くの車で搭載されているのかもしれません。

確か昔教習所で習ったときはこのような機能がなく、窓から顔を出して後方を確認したり、うちの両親のように運転席のドアを開けて後方確認する方法もあるようですが、僕はもはやモニタがないと駐車できません。。
(余談ですが、女性は男性が運転席から左手で助手席のシートを支え、右手一本で後方確認しながら駐車する姿にうっとりする方も少なくないようですが、どうやら僕は対象外になりそうです)

・日差し対策

⇒乳児、幼児が乗っていることもあり車の中で寝てしまっても大丈夫なように紫外線対策のガラスが良いなと思いました。
女性にとっても紫外線は嫌ですよね。男の僕にはあまり実感はないのですが、車の中にいるのに紫外線が届くと日傘もさせないし、逃げようがないので大変なことはよくわかります。ただ予め日差し対策のガラスにしておくのか、購入後にカー用品店などで日差しよけのカーテンのようなもの(吸盤で貼るタイプなど)を利用するのもありだと思います。日差しよけのガラスにしておくと、そのまま外の景色が見えるというのはメリットかもしれません。

オプションはカー用品店かディーラーか

これは悩みました。

結論からするとディーラーにお世話になったほうが良いなということになりました。

僕自身あまり車に興味があるほうではないので、乗ってる人(僕)以上に車を把握しているディーラーさんは本当に頼りになります。

事実、今の車を乗っててもたまに電話が来て「そろそろ〇〇キロぐらい走ってると思うので、オイル交換にきてください」と言われます。メーター見たら本当にその距離近く走ってます。毎日通勤で〇〇キロ走っている、と会話したことはありますが、それをちゃんと覚えてくれてたんですね。

「前回は、〇〇だけだったので、今回は〇〇も交換しておきますね」と言われれば、「(前回〇〇だけだったんだっけ…というのは口に出さず)はい、お願いします」と返事します。

要は「お任せします」な状態です。

車に詳しい方からすると、愛着の感じられない、無頓着な管理をしてコストもかかっていると思われるかもしれません。実際そうかもしれません。。否定はできないです。

ただ車に無頓着だからこそ、プロの言うとおりにすると、とにかく安心できるんです。

以前も、「最近始動の時にキュルキュル音がするんです」と電話で話すと「〇〇ベルト(名前忘れた)かな…」といって、すぐに直してくれました。

知ってる人だからこそ、わかる対応と予防策があるんだと思うんです。

お金は安くしてくれるにこしたことはありませんが、安全にかかわることですので、そこは信頼おけるディーラーさんにお願いしようと考えた結果です。

カー用品店さんも悪くないと思っています。

でも従業員の方も多いので、必ずしも従業員の方と信頼関係を気づいて長いお付き合いできるかと言えば、そういうわけにもいかないことってありますよね。
拠点が多ければ人事異動もあるでしょうし。 逆にある程度車を自分で管理できる方は、ディーラーの手厚い対応は不要と思えるのかもしれません。それはそれで羨ましいですけどね。

雪道はどうする?

僕の実家は少々雪が積もる場所にあります。

とはいえ、普段は雪の降らない場所に住んでいるのでスタッドレスタイヤなど持っておらず、年末年始の帰省はチェーンを持参していました。

ですが毎年脱着の練習はするものの、一度も履いて走行したことはありませんし、雪が多く降る予想だった場合は、帰省そのものもしません。

今後子供が少し大きくなってきたら雪山で遊びたいと言うだろうし、連れて行ってあげなきゃなーと思ってます。

未だかつて雪の上を運転したことがないので、今からハラハラドキドキだし、できることなら走りたくないんですけどね。子供が希望するなら「お父さんが連れて行ってやる!」と見栄を張るしかありません!

色について

厳正なる家族会議の結果、妻の意見を採用して明るめの色にしました。

黒だと夏暑いし汚れ目立つし、白だと割高だし、多くの白い車に埋もれて駐車場で見つけにくいなどなどの理由です。

僕はといえば、派手な色でなければ、そこまでこだわりはないです。だって、運転してる本人からすると、外の色なんて見えませんから。

購入タイミング

うちの場合は、ほぼ待ったなしの状態に近かったので購入しました。

ただ冷静に考えればもう少し引き延ばせたとは思います。例えば出産後病院から妻子が退院するタイミングでは荷物はなく、子供さえ迎え入れれたら良いので、今乗っている軽自動車に長女用のジュニアシートを新たに購入し、それまで使用していたチャイルドシートを生まれたばかりの長男用に準備しました。

生まれてしばらくは家族そろって外出することもできませんので、半年程度は購入を伸ばしても良いと思っていました。

ただ、【購入前の注意点】でも記載した通り、税金発生のタイミングや、現在の車の下取りやキャンペーンなどを考慮する必要があると、タイミングを失ってしまうなと思いました。

最近の車は大変性能がよく、よほどのことがない限り壊れることは滅多にありません。
今の軽自動車は7万キロ以上乗っていますが、まだまだ現役でいけそうです。

なので、「壊れたら買い替え」という選択肢は存在せず、「購入したいと思った時がタイミング」と考えて、思い切って購入しました。

当たり前ですけど車って、高いですよね。家の次に高い買い物でした。 サイズ的には今の車庫いっぱいなので、今回の車を長く大切にずっと乗っていきたいと思っています。

この記事を書いている時点ではまだ納車されていないので、別記事で書くようにしますね。車にさほど興味がない人が軽自動車から乗り換えた感想を記事にしたいと思っています。

おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました