子供の乗り物酔いは脳の発達に関係あり?!

kurumayoi 子育て

車酔いについて

車酔いってつらいですよね。せっかくのお出かけなのに、あのユラユラした感じがしたと思ったら、お腹のそっからあがってくるものを感じて…〇%$#!&

どうやら三半規管が影響しているみたいですよ。三半規管って耳の中にって平衡感覚を司っているようですが、自分の体は揺れてないのに車に乗ってると意に反して揺れる。そりゃ平衡感覚もおかしくなりますよね。視界だって自分の体は動いてないはずなのに景色はどんどん変わっていく。逆に本読んだりすると動いている感覚はあるのに、視界は変わらない。書いてるだけでも変な気分になりそうです。

特にバスは車体が大きいですし、後方に位置するほど揺れが大きく伝わるので酔いやすい構造なんだそうです。
遠足の時「酔う人は前の方に座ってねー」って先生が言ってたのも今になっては理解できるような気がします。

自分の子供の頃はげーげーしてました。。

子供の頃の僕はしょっちゅう酔ってしまい、移動中はティッシュの空箱をエチケット袋としてずっと持っているときもあるほど車酔いがひどかったです。

三半規管の発達が遅かったからでしょうか。本を読むわけでもなかったのに、本当小さい頃は車に乗ったら、必ずと言って良いほど酔ってた記憶があります。

そのおかげで、子供の頃水泳の試合のために度々阪神間にコーチの車に乗せてもらって朝早くからでかけたのに、到着間際になってげーげーしてしまい、コーチには叱られるわ(そんなこといってもですよね。。)同乗してる女の子の友達は引くし、かっこわるいし、そんな状態からあと1時間もしたらウォーミングアップからレース・・・って、そんな状態でベストなんて出る気がしなかったです(笑)

そういえば帰りは酔った記憶がないので、案外レース前の緊張から酔いが来てしまったのもあるかもしれません。
帰りは疲れて寝てたのもありますが。

うちの子はどうだろう

では、うちの子はどうなんだろうと思い返したところ、車の中で吐いたのは記憶では1度だけです。まだ乳飲み子の時で、別にしんどそうじゃなかったのに、いきなりげーって吐いた感じ。
普段でも少し戻したりしてたので、あれは車酔いではなかったのかもしれません。

今年娘は5歳になるので大きくなったこともあり、あまりぐずぐず言うとスマホで動画見せたり、時々絵本を読んだりしてますが、それらをしているときに酔ったことはありません。

気になったので調べてみました。

乗り物酔いのしやすさは、小脳にある前庭小脳の発達段階によって変わります。
前庭小脳は身体のバランスを平衡に保つ役割があります。3歳くらいまでの乳幼児は、まだ前庭小脳が発達していないため、ほとんど乗り物酔いすることがないと言われています。
4歳から12歳くらいまでの間に前庭小脳が発達し始めると、外部からの刺激、つまり、揺れやスピードに敏感に反応するため、乗り物酔いを起こしやすくなります。

乗り物酔いのしやすさは、小脳にある前庭小脳の発達段階によって変わります

https://brand.taisho.co.jp/semper/trivia/

自律神経とも深いかかわりがあると書いてあったので、やはり僕の水泳の試合当日朝にげーげーしてたのは緊張があったのでしょう。でもげーげーしてたのは僕だけだったのはなぜ。。

酔う人と酔わない人の違いは?

先の引用サイトにも記載がありましたが、小脳の発達による影響が大きいようです。ちなみに20歳を過ぎると今度は小脳が老化してくるので揺れなどへの反応が鈍くなるそうです(笑)

車に乗るときに気をつけること(子供が車酔いしないように)

個人的に以下の点を気をつけています。

  1. なるべく運転に強弱がつかないよう安全運転を気をつける
  2. 一緒にお話しする(ゲームや本などをさせない)
  3. 換気をする
  4. 休憩を多くとる(我が家のドライブは本当に休憩が多く、1時間走っては30分以上休憩することもあります。。なかなか目的地に着かない)
  5. 遠くを見る(「遠くの景色を見ろ!」って言われませんでした?)
  6. もし吐いてしまっても、叱ったりしない(僕の子供時代の悲しい経験をさせたくない)

家族の楽しいお出かけ。好きで車酔いする人なんていませんよね。
これからも家族みんなで楽しく安全運転でドライブや旅行を楽しみましょう。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました