【子供に水いぼができた】自然と治るのを待つか取るか。ピンセットを買っていざ!

mizuibo 子育て

こんにちは、詰めの甘いかずけです。

娘に水いぼができてしまいました。といっても、できたのは1年近くも前で、皮膚科に行って塗り薬をもらいましたが、なっかなか治りません。おそらくこのページをご覧になっている方も同じだと思います(とはいえ、ほとんど誰も見てないのですが)

大人は免疫があるので水いぼにはめったにかかりませんが、子供の場合はまだ免疫が弱いこともあり、特にプールでもらってくることが多いそうです。うちの子もプールでもらってきたっぽいです。

ちなみに僕は子供の頃から水泳をやっており、現役選手をしていた時はそれこそ毎日朝晩プールに入っていましたが水いぼの記憶はありません。あくまで幼少期によくみられる症状のようです。

水いぼはうつりやすいのでプールだと広まりやすいんでしょうね。水いぼそのものは大きくならなければ、特に痛みもないようですので、基本的に放置していれば治るそうです。

ただうちの子の場合、顎の下と脇の上あたりにもできてしまいました。顎の下あたりは痛みは感じていないものの、可愛いお顔に水いぼができてしまって本人はさほど気にしていなくても心配になりました。

脇の上あたりはだんだん大きくなってきて、表面が服にすれて痛がっていました。見ているこっちが辛くなります。そんな時は絆創膏を貼って服と擦れないようにしてあげていたのですが、それでも泣いてしまうので別の皮膚科に行ったところ「水いぼを取る処置」があるとのこと。

ところが、今はコロナの関係もあって水いぼを取る処置はしてくれないとのこと(どこでどんな影響があるんでしょうか。医療の知識が全くない素人にはよくわからないのですが…皮膚をはがすことになるので影響があるんでしょうね)

そのため病院から「自分で取る用のピンセット」と、1時間ほど貼っておくだけで効果が出る麻酔シート?をもらいました。

妻が恐る恐る水いぼを取ろうとしたようですが、案の定うまくいかず、娘も怖いし痛いしギャン泣き、それを聞いた0歳の息子もギャン泣きし、さらに犬も泣き出す始末。2人と1匹が大泣きすることで家の中が、あまりのカオス状態に逆に笑えてきたそうです(笑)

結果、水いぼを取るのは中止になりました。

そこで、僕に水いぼを取るようにとの指令が妻から下ったのですが、よくよく見るとピンセットはよくある先っぽがとがったタイプで、「こりゃ痛み止めのシートをしても痛いだろう。まず見た目が怖いわ」と感じました。

困った時のAmazon様ということで調べてみたところ、ありましたよ。さすがAmazon。なんでもあるな(笑)


ケイバ(KEIBA) ビギナー向き ホビー用ピンセット TS-HC-10

医療用専門というわけではないようですが、小さなビーズなど丸くて小さいものでも掴みやすいように先っぽが丸くなっています。これなら痛みや恐怖もやわらぎそうです。

で、このピンセット。そこらのドラッグストアでは売ってないんです。数件回りましたがどこも置いてませんでした。医療用専門ではないので、もしかしたら文具店や、おもちゃ屋さんにはあるかもしれませんが、Amazonで買ったほうが手っ取り早いです。

Amazonで買う際の一番の問題は「安い」ことでしょうか。こちらの商品335円でございます。安い!これだけ安いと有難いのですが、プライム会員になっている我が家の場合、本当に335円で自宅に配達してもらうのはなんだかドライバーさんに申し訳なくて、このピンセットだけでは購入できませんでした…。

ただプラスに考えると、これだけ安いなら何か別のものを買うついでに一緒に買っとこうかという気持ちになり、我が家も他の商品と一緒に購入しました。

で、いざ水いぼよ!神妙にせい!と戦いを挑もうと思った矢先。まるでピンセットを買ったのを見ていたかのように、嘘のように水いぼが消えていきました。

要は…水いぼ取ることはありませんでした。

「取ってないんかーい!」というお叱りの声が聞こえてきそうですが(基本的に読者のいない独り言記事なんですけど)、本当に何と申し上げて良いやら…そうなんです。実際はこのピンセットで水いぼを取ってないんです。

でもでも!どうせ息子もいずれプールで水いぼをもらうことになるでしょうし、娘も再発するかもしれないので、ちゃんと薬箱に入れておきました。

水いぼがある状態だと、他の園児にうつしてしまう可能性があるため、うちの保育園では基本的にプール遊びは参加できないルールとなっています。それは可愛そうなので、取ってあげようと思いますし、その時は記事に書くようにします。

ただ、夏のプールのシーズンまで放置しておいて(気休め程度に薬を塗っておく)、プール遊びが始まる前になっても治らない場合は取っても良いかもしれません。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました