【社内SEになるために】転職活動を長く続けられるためのポイント

tensyokukatsudo 転職・仕事

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

以前の記事でも記載しましたが、社内SEへの転職を目指すなら紹介会社のサポートを受けて転職活動するのが王道です。

転職紹介会社を使ったほうが良いと思う記事

ポイントは「紹介会社からのサポートをどれだけ継続して得られるか」だと思います。

紹介会社も大小ありますが、リクルートキャリアなどの大手は求職者の数も多いので、「この人は売れないな」と判断されたら、ばっさりと切られる(サポート終了)ことなります。そうなると採用・不採用どころか応募すらできなくなるので致命的です。

実際、僕はリクルートキャリアから2回ほどサポート終了のタイミングで、「頑張っているので延長します」と言われたことがありました。

では、僕がなぜ2回もサポート延長してもらえたのか?自分なりに分析した結果を書きます。

・応募をしまくった。

・返信などは急ぎ行った。

・言われるだけでなく、能動的に動いた。

こんな程度です。ノースキルのぽんこつおっさんエンジニアの僕ができることなんて、こんな程度しかないんです、本当に。

順番に見ていきます。

社内SEの求人にとにかく応募しまくった

リクルートキャリアや、パーソルキャリアなどはマイページから自分で求人を検索することができます(他社の場合、マイページやメールで紹介された求人だけ見て判断するというケースも多いです)

ご自分が転職市場で価値ある人であれば、自ら求人を探さなくても向こうから求人をどんどん紹介されます。そうじゃない人の場合、ほっとんど紹介されません。僕は後者でした。

「求人紹介してくれる担当営業さんって、いるんだっけ?」と思うぐらい音沙汰ありませんでした。もしかしたら担当営業さんも「こんな人の担当かよー」って僕の市場価値のなさにうんざりしていたかもしれません。

「じゃ、自分で見つけて応募するしかないか…求人は公開してくれてるので、探すか」と思って、どんどん応募しました。上述の通り僕はノースキルで開発もできない、なんちゃってインフラ系エンジニアだったので、ぴったり合う求人はほとんどなく、開発系の経験が求められた求人であっても「どうせ書類選考で落ちまくるんだし、かするかもしれないので応募しちゃえ」って感じです。

案の定落ちまくりました。

でも、「応募している」という活動の意欲だけはリクルートキャリアさんにも伝わっていたようです。もしかしたら、「この人は応募していてまだ企業から返事が来ていない。その間にサポート期間が切れるんだけど…もう少し延長しておくか」みたいな温情措置があったのかもしれません。

いずれにしても、僕としては「延長してもらえる。これでもう少し求人が見ていられる。よかった」って感じでした。

転職紹介会社への連絡などは、とにかく迅速に行った

紹介会社からは求人の紹介(僕は少なかったけど)、応募、結果、選考行程の調整、必要書類の修正・提出などなど、どんどん連絡が届きます。

これらの連絡に対しても、優先度上げて急ぎできっちり回答していました。とにかく「頑張って転職活動しています!」という具合に。

仕事中もこっそりメールだけはチェックして返信していました。

(さすがに仕事中にマイページは見ていなかったと記憶しています。。たぶん)

言われるだけでなく、能動的に動いた

何度も書いている通り僕は転職市場では全くの低評価で、担当営業さんからもほとんど紹介がありませんでした。

でも、一応担当営業さんのお名前だけは初回の案内書や、機械的に送られてくるメールの署名などから連絡先は知っていたので、転職活動の進め方や経歴書をブラッシュアップしたものを言われなくてもこちらから送り付けてアドバイスもらったり、とにかく活動を一生懸命しました。

【まとめ】

くどい様ですが、とにかく「一生懸命活動する」しかないと思います。

担当営業さんも、求職者(僕ら)に対しても一生懸命動いてくれますが、一番はやっぱり紹介料をだしてくれる企業の方を向いているはずなので(そりゃ、仕方ないですよね。僕ら求職者に対しては実質無料でサービス頂いているようなもんですし)、企業にとって有益な人材を紹介することが至上命題なわけです。

それにも関わらず「活動する時間作ろうにも面倒だな」とか、「今の会社でも悪くないけど、いい会社を紹介してくれたら転職してもいいな」みたいな考えだと、一生懸命営業さんがとってきた求人案件なら、そりゃ頑張って活動している人に応募してもらいたいと思いますよね。…僕はそう思いたいです。

僕自身さすがに半年以上かかって、70社以上から不合格もらって、年齢も無駄に1歳増えて、深夜家族が寝静まった後に履歴書を書き換えることになった時の惨めさたるや、辛いものがありました…。

もう社内SEはあきらめて、「プライム案件で仕事ができる企業を探すように応募条件を変えてみようかな」と諦めかけていた、まさにちょうどその時に内定が出ました。本当にあきらめかけた時だったんです。

内定の連絡をもらったときはドラマのように足元から崩れ落ちました。

精神論にはなってしまいますが、特にスキルがないと自覚している人は、とにかく「諦めないこと」です。勉強したって実戦経験は積めないのでいつまでたっても転職市場で認められるような実績は作れません。そればかりか無駄に年を取るだけなので、なるべく早く動いて、長くサポートしてもらえるよう一生懸命諦めずに活動していくことが大切です。

僕でも転職できました。僕ほどノースキルのおっさんエンジニアはそうそういないと自負しています(別に腐って自嘲しているわけでもなく、客観的に見て自分をそう冷静に認識しているつもりです)

もしこの記事を見ている方(ほとんど誰も見ていないのですが)がいたら、是非諦めないでチャレンジをしてみてください。

(でも、時には休憩してくださいね。思いつめたらしんどいです)

【ご参考】僕が転職活動の際に何度も心が折れそうになっても、気持ちを支えてくれた本です。

「嫌われる勇気(本)」


嫌われる勇気 特装版 自己啓発の源流「アドラー」の教え

「嫌われる勇気(kindle)」


嫌われる勇気

「幸せになる勇気(本)」


幸せになる勇気 特装版 自己啓発の源流「アドラー」の教えII

「幸せになる勇気(kindle)」


幸せになる勇気

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)(kindle版)」


「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

audiobook

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました