親から子供への最初のプレゼント「名前」

子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

皆さんはお子さんの名前はどうやって考えました?

「名前」は親から子供へ送る最初の贈り物。そして間違いなく一生モノのとっておきのプレゼントですよね。考えに考え抜いて皆さん名前を付けているんだと思います。

親になって名前を考えると、友達や知人の名前を思い浮かべては「あの人の名前はこういう気持ちが込められているんだな」「シンプルだけど、とても良い漢字が使われているな」「この漢字にはそういう意味があるんだな」と同級生の顔が浮かびます。みんな元気にしてるのかな。

名前の考え方

今はインターネットも普及して名前の付け方も様々な方法があると思いますが、昭和世代の方は概ね「画数」で決めていたのではないでしょうか。名前の画数辞典というのを父が持っていたのを記憶しています。

「苗字が〇画だから、名前は〇画が良い」といった内容なので、苗字が同じうちの親戚の男達は名前は違えど、みんな自分の名前の画数は同じです(漢字2文字で、それぞれ8画と3画)

今は情報が溢れていることもあって、情報過多なのでしょうか。凝りに凝った名前もちらほらありますね。皆さん一生懸命考えているんだろうなと感心する名前もあって、保育園のお友達の名前を見るのもまた楽しみです。

画数以外に考えるのは他にも、、、

       ・漢字に込められた意味に願いを込めて検討する。

       ・家族、先祖、偉人、有名人の名前(一部など)を拝借する

       ・漢字のイメージや響きから検討する。

       ・命名ランキングを参考にする

親となって思うのは、子供の同級生に自分の世代には見かけない名前があると、なかなか覚えられませんが、名前というのは時代時代によって変化していくものなので、平安時代の名前は今ではほとんど見かけませんし、今の名前もはるか先の未来では見かけなくなるのかもしれません。そう考えると面白いです。

我家の場合

うちの娘の場合は、ある程度使いたい文字や、名前などは夫婦で考えたのち、最終的には神社にお願いして名前の候補を出してもらって決定しました。

最初は夫婦で決めたような記憶もあるのですが、安産祈願で訪れた神社の参道で「姓名判断」と書かれた看板があり、妻がどうしても聞きに行きたいと言ったんです。僕は自分たちで決めた名前なんだから何を言われようが関係ない、とそういったお店に入るのは気が進まなかったので、妻だけお店に入り、僕は先に車で待ってることにしました。もちろん結果も聞きませんでしたし、妻も言いませんでした。

神社にそういった話を持って行った経緯は忘れてしまったのですが、確か考えた名前は良かったものの、使っている漢字があまりよくないという話を結果的に妻から聞いたような気がします。

元々娘の名前もよくある名前で漢字もごく普通のわかりやすく、パソコンやスマホで変換しても一発で出てくる漢字を使っていましたが、苗字と合ってないとのこと。

当初は「いずれ結婚したら苗字変わるし」とも思いましたが、結婚するまで20年以上かかるでしょうし、気の弱い僕は不安になってしまいました。そのため、近くに由緒ある神社があるため名前の相談にいったところ、同じくあまり好ましい漢字ではないとのことで、案をいくつか出してもらうことにしました。

方法はいたってシンプルです。

       1.お金を支払う(1万包みました)

       2.神社で名前の候補をいくつか挙げたA4の紙をもらう 

       3.検討する

       4.検討した結果、もう少し候補が欲しい時は再考をお願いする。

         (2~3を繰り返す)

       5.決定したら命名用紙を作成してもらう。

うちの場合、再考を2~3回お願いしたところ、二人で「あ、これがいいね」と一致した名前があったため決定しました。

漢字というのは一文字に様々な思いが込められています。

例えば「優しい」ことを意味する漢字だけでもざっと上げればこれだけたくさんあります。

「愛」「厚」「優」「容」「寛」「輔」「忠」「護」

ごく一部ですし、人によっては意味のとらえ方も違うので、「いや、これは自分の中では優しいイメージではない」ということもあると思います。

「優」というのは、まさに「優しい」という文字に使われる感じなのでイメージしやすいですが、「寛」は度量が大きく、優しい感じを受けますね。こういった漢字を見ると過去の友人・知人の顔が浮かびます。そして「あー、彼(彼女)のご両親もきっと優しい子を願って名前をつけたんだな」と感じます。どれも素晴らしい漢字です。

文字に意味が込められているというのは、漢字ならではの素敵な文化ですよね。海外では名前を付けるときに~Jr(~の息子)などつけることもあり、日本とは名付け方の意味合いはだいぶ違うようですね。ちなみにヨーロッパ圏で時々みかける「〇〇ビッチさん」というのも、「~の子」というのを表すそうですよ。あ、このあたりだと日本の名前の「~子」と似ているところがありますね。

共通しているのはどこの国の親も子を思う気持ちは同じということです。

間違えられない名前

ちなみに僕の名前ですが、漢字そのものは難しくなく画数も少ないのですが、あまり聞いたことがない名前です。過去同じ「読み方」のお名前の方は1人か2人ほど拝見したことがありますが、漢字まで同じ方には40数年生きてきて未だにありません。それもあってか、よく名前を間違われます。

病院などの呼び出しは勿論、スポーツで頑張っていい成績を収めて地元の新聞に名前が掲載されたときも間違っているケースが多く、それを見た親は怒って新聞社にクレームを入れたことを見たことがあります。
そりゃそうですよね。せっかく自分が名付けた名前で子供が頑張った結果新聞に載っているのに、それが間違っているなんて。僕も子供ながらに「またどうせ名前間違ってるんでしょ」と冷めた感じてみていました。「そんなに間違われるならいっそのことその名前に改名しようか」とも安易に考えてしまったこともありました。

今でこそ、名前に込められた名前の通りの人生にようやくなってきたかな?と思えるようになったので、この名前には満足していますし感謝もしていますが、自分の子供には「1発で読んでもらえる名前」にしたいとは常々思っていました。

年を重ねてもずっと使える名前

親にとって子供は本当に可愛いものです。そしてどれだけ大きくなっても子供はいつまでたっても子供です。自分が親になり、父・母だったものが祖父・祖母になっても、祖父・祖母からしてみれば僕はいつまでたっても子供です。

末っ子だった僕は親と行動することが多く、一番親の愛情を受けてきました。40過ぎたおっさんですが、いまだに親からは「ちゃん付け」で呼ばれます(笑)

とはいえ、子供も成長します。小さいころは可愛い男の子でも、いずれは立派な青年から、年老いた老人になります。名前は変わらずずっとついて回ります。いつの世代になっても胸を張れるような名前をつけてあげたいものです。

名前に込められた思いと生き方

名前には「こんな子に育ってほしい」という願いが込められています。

その思いがあまり強すぎると名前を授かったものとして少々重くのしかかることもあるかもしれませんが、せっかく思いを込めて親が名付けてくれた名前。少しでもその気持ちに応えられるよう心掛けていきたいと思いますし、「親が一生懸命考えてくれたんだな」と思えると、子供への気持ちも膨らむ一方、親への接し方も考えさせられますね。

追記:長男が生まれました。

2020年末、長男が生まれました。

この記事に触れた神社に姓名判断してもらった件は、長女の時だったので遡ること5年前のことでした。今回長男が生まれたことで改めて姓名判断してもらったので、記録を残すためにも流れを記載します。

追記:いくつか名前(使用したい漢字)の候補をあげる

まずは自分たちで気になる漢字を使った名前の候補をいくつかあげました。

漢字に込められた意味などはネットで調べました。ネットで調べると「〇〇年男の子名前ランキング」などがあって、見てみましたが、あくまで参考に留めておきました。見ると気になってしまうので、あえて見ないようにしました(ちらっと見ちゃったけど)

漢字を調べてると、「あー、この漢字。〇〇さんや、同級生の〇〇くんにも使われてたな。きっと親御さんはこういう意味を込めて名前をつけたんだな」と、いろんな人の顔が浮かびました。みーんなちゃんと名前があって、様々な意味が込められているんですね。

追記:候補を神社に伝える

気になる漢字を使った名前や、使いたい漢字をいくつかピックアップして紙に書いて持って行き、姓名判断をお願いしました。費用は1万円。決して安い金額ではないのですが、子供につける大切な名前を神様にも検討頂くということもありお願いしました。

改めてこうして文字にして振り返ると、うちの夫婦は少し古風なところがあるのか(夫婦共に団塊ジュニアです)、「和風」が好きなところがあります。

結婚式もチャペルではなく、神社で行い披露宴も和庭園のある建物で行いました。写真だけはドレスやタキシードも撮りましたが、披露宴当日の妻のお色直しも和服から和服でした。結婚の誓いはちゃんと神様に伝えなきゃ、という気持ちがなんとなくあったんです。じゃ、普段から神社に通ったり寄付をしてるかといえば、そういうわけではないんですけどね。

さらに話が脱線すると、僕の母方の実家(実家付近の家はほとんど)は仏教徒ではなく、神道なんです。これは祖母が他界した際に初めて知りました(祖父が亡くなったのは僕が小さいころだったのでわかりませんでした)神道の場合、一般的な仏教の別れの儀式とは流れとは違うんです。

話を戻します。
候補を伝えた後の流れとしては翌日祈祷して、その後候補をあげてくれるとのことでした。うちの場合は本来神社に来ようと予定していた日より前に生まれてしまい、名前がないまま出産となりました。出生届は14日以内で、うちの場合は年末年始をはさんでしまうため時間がなく、年末のお忙しい中無理を言って、なるべく早めに候補をあげて頂くようお願いしました。

追記:姓名判断して頂く

なるべく急ぎでお願いしたこともあって、朝一に神社に行って、当日夕方には結果を教えてくれました。結論からいくと今回も神社にお願いして本当に良かったです。

画数は勿論、苗字に使われている漢字との相性なども考慮頂き、いくつか挙げていた候補をすべてチェックしてもらったところ、ある名前一つだけが大吉であるとのこと。ただし漢字文字で名前を表していましたが、そのうちの一つが苗字と相性がよくないらしく、漢字一つで名前を表すのが良いとのこと。夫婦でも漢字一文字もありだねと言っていたので、もうほぼ即決でした(ちなみにその名前の候補を考えたのは僕だったので、内心ガッツポーズでした(笑))

急いでまだ入院中の妻のもとに行き、結果を伝えました。妻もすぐに納得してくれて名前が決定しました。

追記:命名書を頂く

改めて神社に戻り、頂いた候補で名前を決定したことを伝えました。これで命名書を作成頂いて完了になります。現時点では伝えたのみで命名書の作成待ちです。

神社の方も仰ってましたが、最近のお子さんのお名前は「読み」で決まるケースが多く、命名が難しいようです。

そもそも姓名判断を言ってくる方も少ないのかもしれません。確かに名前ランキングをみても、うーんすぐには読めないような響きを重視ししたような名前が多いように思いました。ある意味すごくよく考えられた名前だと思いますが、我が家では漢字一文字シンプルな名前(僕ら世代が教科書を開くと、必ずと言っていいほど「〇〇くんは買い物に行きました」などに出てくる名前)にしました。

追記:出生届提出

妻の退院日。
長男は黄疸反応が出てしまったため、もう1日入院することになり妻だけ先に退院しました。1人目だったら気が気ではありませんが、2人目なので「じゃ、元気になったら迎えにきまーす」という感じでそのまま妻の労いも兼ねて少し美味しいご飯を食べに行きました。出産後の妻は食欲旺盛です(笑)

せっかくなので出生届も一緒に出しに行きました。おそらく人生でもう2度(2人目だったから3度目はないという表現が正しいのかも)とない届け出です。その後記念に4人になった住民票を取得しました。当たり前ですが4人の名前がありました。2人で「わー、4人になってるねー」と笑っていました。住民票とはいえ紙切れですが、それで幸せを感じることができた瞬間でした。

その後児童手当などの手続きも行いました。出生届を出したら連携して登録されるのかと思いましたが、そういうわけではなく手続きが必要なので近々出生届を提出する方はお忘れなく。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました