子供の寝かしつけは大変。でも幸せタイムが待っている。

子育て

子供の寝かしつけ、どうしてますか?

子供は元気いっぱい。夜もせっかくお風呂入ったのに、部屋の中で大暴れして埃まみれになるわ、汗もかくわ。こっちはもう寝る気まんまんで翌日の仕事に備えたいのに。

皆さんは子供の寝かしつけはどうしていますか? 担当は夫婦どちらでしょうか? 
我が家は基本的に妻が寝かしつけます。というより一緒のタイミングで寝ます。

僕の帰りが大体20時~21時ぐらい。家に帰ってきたら、ちょうど晩御飯を食べ終わった2人がお風呂入っているぐらい。その間にごはんをぱーっと食べていると、全身を洗ってもらった娘がゆでだこみたいに、ぽちゃぽちゃのお腹を突き出して、赤い顔でお風呂から出てくる。

体ふいてー、歯を磨いてー、お顔にクリーム塗って、はい!おしまい!
寝る準備完了…のはずが。

寝る前の恒例行事

現在4歳の娘。なかなか素直に寝てくれません。

寝る準備ができたらディズニーの動画みたり、タブレットやビーズで遊んだり。「寝る準備はできているけど、まだお父さん、お母さんはお仕事あるからすぐに寝ないんでしょ」というのが、わかっているかのように寝るそぶりを見せません。

確かに僕たち親はお風呂あがってからも、ちょいちょいやることがあります。お風呂入っている間に回していた洗濯機から洗い物を取り出して干して、妻は明日の準備をして、僕は洗濯干したら犬の散歩に行って。少しは2人でコーヒーやお茶飲んで休憩したりしてます。

そう、確かにすぐには寝ません。ただ親の僕たちが娘と違うのは、時間感覚はわかるということす。2人とも若くないので翌日に疲れが残らないように21時が回ったら、寝る準備をします。
妻が「ねるよー」というと、ようやく付いて行って布団に向かいます。
(すぐに付いてこない時もありますが、その時は「先に寝るねー」というと、「いやぁー!」といって付いていきます。ふふふ、可愛いやつめ)

それでも、なかなか寝ない

ようやく布団までたどり着いたと思ったら、寝る前の恒例行事「絵本時間」です。
優しい妻は毎日3冊の本を読んであげているようです。
そのために、しょっちゅう図書館に行っては重たい絵本を上限いっぱいの冊数借りてきます。僕は図書館までの送迎担当(笑)

ちなみに僕は基本的に1冊です。なので「好きな本1冊持っておいで」というと、「えー、ママはいつも3冊読んでくれるのに」というので、僕が寝かしつけするときは読む本の冊数のせめぎあいが行われます。

神戸のとある小さな家の2階にある布団の上で、しょーもないせめぎあいです。平和なもんです(笑)

ところが最近は大きくなって体力もついてきたからか、読み終わってもなっかなか寝ない時があります。こんな時はいったいどうしたらいいんでしょうね。
だんだんこっちもイライラするけど、怒ると泣きだして余計寝なくなるので、「おめめはちゃんと閉じておくんだよ」といって、徐々に寝るように仕向けます。


落ち着いて、落ち着いて、、、zzzz こっちが寝そうです。

子供はゴロゴロ転がり、親は狸寝入り

辛抱強くしていると、娘がゴロゴロ転がり始めます。寝相ではなく、寝る体制を模索しているというか、ぐっすり寝つけない時にゴロゴロするような。
そうなればあと少しです。

ゴロゴロ転がって体制が整う、もしくは疲れたら寝息が聞こえてきます。

ただ、ゴロゴロして「あ、そろそろ寝たかな?」と思って目を開けて確認しようとすると、娘とぱっちり目が合うことがあります。このときはお互い笑っちゃいます(笑)


そうなったら幸せをかみ締めながら、再度「おめめはちゃんと閉じておくんだよ」から始めましょう(笑)

背中とんとん。そばにいるよ。

ゴロゴロの動きて落ち着いてきたらあと少し。背中とんとんしてあげましょう。
とんとんしてもらうと落ち着くんでしょうね。徐々に寝息が聞こえてきて、改めて顔を確認してぐっすり寝てたら任務完了です。

とんとんして寝てくれるなんて、こんな親のとんとんでも安心してくれたのかなって嬉しく思います。子供の寝顔は宝物ですね。


一度寝てしまったら、ある程度のことしても起きないので、しばらくじっと見つめる時があります。そして、「この子もいつか、自分の子をとんとんするときがくるんだろうな」など、好き勝手に妄想します。ある意味この妄想タイムは幸せタイムです。

時には夫婦で子供の寝顔を見ている時があります。こんな時はお互いにっこりして子供のほっぺたや、普段さわったら嫌がるような鼻を触ったり、いろくちゃしてます(笑)
(鼻さわってると、寝ていてもこそばゆいんでしょうね。「んんー…」って言って寝がえりします(笑))

とんとんしてるのは、「すぐ近くにいるよ」って知らせている合図かもしれませんね。
…朝起きたら、布団の外に転がってるときもあるけど(笑)
おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました