「寝る子は育つ」は本当です。

neruko 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

昨年末に生まれた長男も3カ月が過ぎました。先日ようやくお宮参りとお食い初めを無事終えることができました。

そもそもこのブログを始めたきっかけが「子供の成長の記録」を基本軸としたものだったのですが、長男が生まれてからあまり長男に特化した記事がありません。

というのも…記事ができるほど長男に動きがないんです。

動きがないといっても元気に生きているのですが、ほっとんど寝てるんです(本当に)。長女とは正反対。いやー長男は本当によく寝ます。そこは父親の僕にそっくりです。

長女の時は1人目で夫婦ともども勝手がわからない上に、本当に寝ない子で苦労しました。あまりに寝ないので夜中に交代で抱っこして、部屋の中をうろうろし、その間に片方は仮眠をとる。そして長女が寝たと思ったらそーっと布団に寝かせるも、「背中にスイッチでもあるのか」と思うくらい、おめめぱっちりで起きてしまう。

そしてまた抱っこして部屋の中をうろうろ。時には家の前の公園を周回したこともありました。そして布団に置いて「着地成功!」となり、やれやれとコーヒーでも飲もうとしたら、30分ぐらいして泣き出すという、もう本当に精神的に夫婦ともども疲れ果てた育児でした。

ところが長男は本当によく寝ます。というより、勝手に寝てます。

妻が言うには「本当は3時間おきにミルクをあげないといけないんだけど、起こさないとずっと寝てる時がある。こっちが心配になって3時間おきに起きるけど、ずっと寝てる時がある」というぐらい寝てます。まだ乳児なのに(笑)

でも赤ちゃんらしくお腹すいたり、お尻が気持ち悪いと泣くのは泣くんです。ところがミルクを一通り飲んだらそのまま寝るんです。「寝かしつけ不要」で勝手に寝るという長男。

何て楽な育児何だろう。

妻も「こんなに楽な育児ってあるんや」と呆れて笑ってました。

こんなこともありました。先日お宮参りに行く朝、バタバタと準備をして長女を車に乗せ、家のカギを締めた妻が車に乗ろうとしました。

父(僕)
父(僕)

あれ?〇〇(長男)は?

妻

え!まだ乗ってなかったん!?

そう、お宮参りの主役である長男を忘れるところだったんです。

急いで部屋に戻ると長男は「すーぴーすーぴー」寝てました(笑)

ひたすら寝て、ミルクを飲みほしたら、また寝る。おしっこと、うんちと、おならをして泣く。それの繰り返し。それでいてちゃんとプクプク成長しています。

「寝る子は育つ」って本当にあるんだなと感心しています。

よく食べてよく寝る。これ、大人になっても本当に大切です。

同じ兄弟なのにこうも違うもんなんですね。今の状態がいつまで続くのか、夜泣きをする時期はまたしんどくなるのかなと不安はありますが、今は長女がしんどかった分、妻も精神的に楽ができているみたいで何よりです。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました