結婚10年目と子供

hanataba 子育て

結婚生活の節目、何かしましたか?


うちは毎年の結婚記念日にはケーキや花束を持って帰ったりと、ささやかですがごく普通のお祝いをしました。
そうえいば、まだ学生の頃だったかな。当時CMで「スイートテンダイヤモンド」というのが流れていた記憶があります。結婚10年目に10個のダイヤを散りばめた指輪を送るというもの。当時はまだ働いていなかったので、すごいなーと思ってはいましたが、実際指輪を買うときに思ったのが「こんなダイヤが10個もある指輪なんて」と正直ぞっとした記憶があります(笑)


10年。
お互いケンカもし、病気にもなり、子供ができたらできたで幸せな時もあればイライラすることもありったなー。


あっという間に思えるけど、毎日忙しく過ぎていくので振り返ればダイヤ10個分のご褒美もあって然りかもしれませんが、現実なかなかそうはいかない家庭も多いのではないでしょうか。

我が家は、この10年で僕が転職したものの転勤を伴うものではないため、ずっと同じ場所に住んでいます。ということで10年ぶりに披露宴を行った結婚式場にお邪魔して写真を撮らせてもらうことにした。

僕らが式を挙げたのは神戸で有名な北野異人館にある北野天満神社。披露宴はとある異人館で行いました。季節は春、桜が満開でとっても素敵な式になったのは鮮明に覚えています。


北野は神戸では有名な観光スポットですが、普段地元に住んでいるとそうそう行くところではないのですが、10年ぶりに訪問した時も当時と変わらぬ風情ある素敵な場所でした。同じ市内に住んでいるとはいえ、10年ぶりとなれば、我が家が年に一度訪問するディズニーランドより遠くの存在ともいえます。

10年目は娘を連れてまず神社へ。「娘ができたのに長らく挨拶にも来ずにすみません」と手を合わせ、家族の健康を祈りました。
そして事前にお邪魔することを伝えていた当時の披露宴会場へ。立派な庭園と桜は当時と変わらず、桜の木を見たときは本当に懐かしく思ったし、当時も大木だったので、「元気だった?」と再会できたのを喜びました。この10年、数多くのカップルを祝福してきたんでしょうね。しっかり根を下ろして雨風にも耐えて立ち続け、毎年春には綺麗な桜を咲かせるというのは立派なことです。大人になって中年になった今、そう感じます。


そして会場スタッフの方にこっそりお願いしていた花束を妻へ。
少し涙ぐんでいましたが、喜んでくれたようで本当によかったです。娘は「?」という感じでオレンジジュースをすすってましたが、いつか大きくなって結婚した相手に花束もらえるようになったらいいね。

僕自身花は嫌いではないので、何かあれば花を買って送っています。
毎回送る花束も「花」であることは変わりませんが、当然毎回違います。一つとして同じ花はないんですよね(そういう有名な歌もありましたね!)

花はいつ見ても綺麗です。短い間しか咲かないのに綺麗に一生懸命咲かせます。

今度はいつのタイミングで花を贈ろうかな。

娘も大きくなってきたし卒園式に送ってみようか。2人目もできるので、生まれた時にも? うちは庭がないので花を育てることはできませんが、テーブルに花がある生活も悪くないですね。

これからの10年、またそれ以降も「平凡で平和。健康で過ごせますように」

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました