子育て世代にとっての多機能トイレのありがたみ。

トイレ 子育て

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

皆さんは多機能トイレをどれぐらい使用していますか?うちは4歳の子供がいますが(来月5歳)今だに重宝させてもらっています。

2020年は、とある芸能人が多機能トイレを本来の目的外で使用するということで大きな話題となってしまいましたが、うちや子育て世代、また障害者や高齢者など本来多機能トイレを使うことが多い方にとっても迷惑極まりない行為なので、利用方法はきちんと守って頂きたいですね。

どのように使ってますか?

どのようにって言われても子育て世代だと、だいたいが通常通りトイレや、おむつ交換ですよね。おむつ交換専用のスペースが男性トレイ内にもできたりと、徐々に場所は増えてきましたが、多機能トイレの場合は場所も広いためベビーカーや多くの荷物と一緒に入ることができますし。おむつ替えでもよく利用させてもらいました。

おむつを交換するにあたっては、特に子供が立てないときは本当に重宝します。子供を寝かせる必要がありますから。立てるようになると逆に立ちたがるので寝かしづらいし、立てるようになるとおむつも腰にテープで止めるタイプからパンツタイプに代わるので、逆に立ってくれているほうがありがたくなります。

多機能トイレにあるおむつ交換代にはたいていベルトがあります。これは必須です。赤ちゃんって本当にころころ転がって落ちますから。たまに「ベルトするのめんどくさいな」と思うことも正直言うとありますし、ベルトを締めると若干おむつをしづらくなりますが子供の安全のためちゃんと付けています。あかちゃんは受け身なんて取れませんし、頭蓋骨もまだ完全にできていないですから、ダメージの受け方によっては大事になりかねません。想像しただけで怖いです。

子供がいろいろ触る

少し大きくなってきた今も多機能トイレが空いていれば使わせてもらっています。
多機能トイレも男性用も空いてなくて、娘も我慢できない時は、ごくまれに女性用トイレに一人で行かせる時がありますが、出てくるのが遅くても見に入るわけにいきませんし心配です。
トイレにはまって泣いてないか、誰かに連れ去られたりしないかなど、ありえないだろう悪いシチュエーションを考えたりします。

さて、話を多機能トイレ内に戻しますが、多機能トイレはそもそも子育て専用ではありません。必要としている方は様々です。なので、呼び出しボタンは勿論、手洗い場が低い場所に設置されていたり、手すりがあったり、多言語用の説明ボタンがあったりとある意味子供が興味を持つようなことがたくさんあります。

うちの子がよくさわるのが、手すりと多言語ボタン。手すりはいちいち動かさなくてもいいのに「お父さん、手すり上げとくね」と動かしたりします。手を挟んだり、上げた手すりが頭に当たったりするからやめなさいと言うんですが、子供は言うこときかないですよねー。

あとは多言語ボタン。ポチポチ押しまくります。なので一通りトイレも終わってこっちが片付けなどしている間は、トイレ中英語やら中国語やら韓国語で何度も説明が流れます。それぞれが緑、黄色、赤のボタンになっているので押したくなるんでしょう。わかりますよ、その気持ち。

お父さんも子供のころ一度だけエスカレーターの非常停止ボタンを押したことがあるので。
(良い子のみんなは真似をしてはいけません)
多言語ボタンを押しても人に迷惑はかからないと思っているので、強制的に止めたりはしていませんがトイレの中で片づけをしている間は賑やかです。

荷物の置き場所

おむつ交換をする際に臨戦態勢を整える必要があります。広くて充実している多機能トイレの場合、簡易ベッド?みたいな折り畳みタイプがあります。これがあればそこにカバンを置いておしりふきと替えのおむつ、お気に入りのおもちゃなどを取り出しておむつ台にセットします。

簡易ベッドがない場合、意外と重宝するのが便器上部にある棚のように奥ばったスペースにカバンを置くことができますし、リュックタイプなら個室に荷物フックがあるはずなので、そちらに置きます。

おむつ台に子供を乗せ、ベルトをしてからお尻ふきと替えおむつを側に置いて、おもちゃを強制的に持たせます(手に握らせる)

あとは子供に「お尻奇麗にしよーねー」と話しかけながら作業開始です。

外に聞こえたとしても気にしてはいけません。すべて子供のためです。変なおじさんになっていいんです(笑)

ズボンやおむつを速攻脱がし片手で両足をつかんでお尻をふきます。ぐちゅぐちゅの時は背中にまで汚れが達している可能性があるので、背中まできちんとふきます。手が汚れたって後で洗えばいいんです。ここも気にしてはいけません。あで、でも汚れた手のままだと服が汚れてしまうのでそこは注意。子供は気にしないかもしれませんが、後で妻に怒られます…僕が。

汚れを落とすことが先決なのでズボンなどもするーっと、さっさと脱がせます。
ひっくり返ろうが後でゆっくり戻しながら履かせればOK。おむつ変えたら子供もたいてい機嫌が直ります。慣れたら本当に早業でできます。あと両足を片手でぐっと抱えながらお尻拭くなど力がいるので、案外おむつ交換などは父親がやったほうがいいかもしれませんね。

ちなみに我が家が毎年楽しみにしているディズニーランドではたいてい僕がおむつ交換をしており、ほとんど妻がおむつ交換をしたことはありません。

といっても女性用はいつも混雑して行列ができてますしね。その点男性は小さい方だけなら流れも早いです(大きいほうは数名並んでいることもあります) とはいえ、こういう状況を見るとやはりテーマパークや商業施設に行ったときに多機能トイレを使っておむつ交換をするのも圧倒的に女性が多いのでしょうか。

経過時間が気になる!

おむつ替えなどをしていると時間はあっという間に過ぎます。
場合によってはおむつ交換した直後に子供が顔を真っ赤にして再びもよおすこともあります。

そうなればさっきまでやっていたおむつ交換作業の繰り返しです。もう無心でやるしかありません。「そうか、新しいおむつになって嬉しくて出そうなのか。わかった。お父さんがまた交換してあげるから、頑張って出しなさい」という気持ちで顔が赤くなった娘を見つめながらその時を待ちます。

そんな時に限って妻から「時間かかってるけど大丈夫?」と電話がかかってきます。大丈夫は大丈夫なんだけどね。

外に出て次に待っていた家族やお父さんとお子さんのペアを見ると申し訳なく思います。そんな時は「すみません」と一声かけるようにしています。 逆のケースもありますからね。こちらも焦らせないようになるべく外で静かに待つようにしています。そんな時娘におもちゃやスマホを渡して気を逸らせるという方法はありかなと思っています。

(おまけ)子供用トイレ

4歳になった娘は時々みかける子供用のトイレがあるとそっちに行きたがります。もちろん親の僕も付いていきます。すでにご存じの方も多いかもしれませんが、子供用トイレの個室って衝立が低いので上から丸見えなんですよね。でも、娘はこう言います

娘

あっちいっといて

子供用トイレではお父さんは用無しです。なので、

僕

わかったよ。おわったら教えてね。

と言いながら少しだけ離れます。でもずっと見てます(笑)
衝立が低いから普通に上から覗いて見えるんです。

ちゃんとカギをかけてますが、出るときは上から手を伸ばしてカギをあけてあげます(笑)
ふふふ、可愛いもんですね。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました