転職活動で最も大切なことは自分の人生を1歩前に進めるための勇気を持つこと

fumidasu 転職・仕事

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

最近の僕は車通勤中にオーディオブックで本を読んでいます(聞いていると表現すべきか)

オーディオブックについては、過去の記事にも少し書いているので参考にしてください。

オーディオブックもプランがあって都度本を購入するのもあれば、僕のように聞き放題プランで楽しんでいる人もいると思います。

最近「嫌われる勇気」の本が聞き放題プランに入りました(2021年7月末までの期間限定です)

この本は僕は紙媒体でも読んだことがあって、今までの考えを根底から覆すような内容で衝撃を受けました。とはいえ、1度や2度読み直しただけでは理解しきれないぐらい考えさせられる内容ですが自分の考え方や人生観そのものを見つめなおすきっかけになったのは言うまでもありません。

転職活動は辛くしんどいことが続きます。自己否定の繰り返しです。でも、この「嫌われる勇気」にあるアドラー心理学だと、この難局も乗り越えられるような気がして、活動の際は自分のバイブルとして大切に思い返してしました。

結局のところ転職活動って今の自分を変えるために勇気を持って1歩を踏み出すことだと思うんです。

うまくいくかどうかはやってみないとわからないです。でも、やってみないとわかりません。

確実なのは「やらなきゃ何も変わらない」ということです。

自分の人生です。会社のための人生ではありません。

過去がどうだとか、どうせ自分はダメだとかは動かない理由にすぎません。スキルがなくても運だけで社内SEになれた人間がここにいます。

もし動く(転職活動)のが怖い場合は、一度こちらの本を読んでみてください。転職するにしろ、しないにしろ、何かが変わるはずです。

「嫌われる勇気(本)」


嫌われる勇気 特装版 自己啓発の源流「アドラー」の教え

「嫌われる勇気(kindle)」


嫌われる勇気

「幸せになる勇気(本)」


幸せになる勇気 特装版 自己啓発の源流「アドラー」の教えII

「幸せになる勇気(kindle)」


幸せになる勇気

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)(kindle版)」


「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

audiobook

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました