社内SEになるための転職活動記録(書類通過率など)

tensyokukekka 転職・仕事

こんにちは。詰めの甘いかずけです。

社内SEになるために紹介会社から応募した件数や書類通過率などをまとめてみましたので公開します。
※以下の数字は実際応募した件数であり、辞退は含みません。

(件数)

  登録期間 書類選考落選 一次面接落選 二次(最終)面接落選 内定 備考欄
リクルートキャリア 約6カ月 21 5 1 0  
パーソルキャリア 約5カ月 20 3 0 0  
JAC 約5カ月 9 3 0 1  
ワークポート 約3カ月 1 0 0 0  
みどり会 約3カ月 4 0 0 0  
パソナキャリア 約3カ月 3 0 0 0 約3カ月経過後、担当営業と音信不通
アデコ 約1カ月 1 0 0 0  
アージスジャパン 約3カ月 3 0 0 0  
レバテック 0 0 0 0 紹介そのものゼロ件
合計 62 11 1 1  

 

上記が僕の転職活動結果記録。75戦1勝74敗です。

応募総数だけでいくと、やはりリクルートキャリアとパーソルキャリアの2社を中心に活動していました。ただ、過去の記事にも書いている通り両社は甲乙つけがたいぐらい総合力も求人数も多く、紹介された求人がかぶっていたことも多数ありました。リクルートキャリアの方が応募総数がパーソルキャリアより多かったのは、スピードがリクルートキャリアの方が早かったことを表しています。リクルートキャリアで応募した後、パーソルキャリアからも同様の紹介があって「他社で応募しているため辞退します」と返信したことが多々ありました。

続いて割合です。

(割合)

  総件数 書類通過率 一次面接通過率 二次(最終)通過「内定」率
リクルートキャリア 27 22.2% 3.7% 0%
パーソルキャリア 23 13.0% 0% 0%
JAC 13 23.1% 7.7% 7.7%
ワークポート 1 0% 0% 0%
みどり会 4 0% 0% 0%
パソナキャリア 3 0% 0% 0%
アデコ 1 0% 0% 0%
アージスジャパン 3 0% 0% 0%
レバテック

0

0% 0% 0%
合計
割合は総件数より除算
75 14.7% 2.7% 1.3%

ネットで調べると社内SEの内定率は一説には3%とありました。

僕の場合、内定率が1.3%なので平均以下ということになり、いかにポンコツエンジニアだったのかよくわかります。

また書類通過率のみで見るとリクルートキャリアとJACが拮抗していますが、リクルートキャリアの場合は自分で多数の求人を調べて自発的に応募して(担当営業さんが紹介してくれなかったので。。)という作業を行っていたことに対し、JACは言うてしまえば紹介される求人を口を開けて待っていただけで、紹介されたら応募。というスタイルだったことを考慮するとJACの方が圧倒的に通過率が高いことがわかります。

以上の結果からも、僕自身JACでの活動が合っていたということにも納得できます。

【ご参考】僕が転職活動の際に何度も心が折れそうになっても、気持ちを支えてくれた本です。

「嫌われる勇気(本)」


嫌われる勇気 特装版 自己啓発の源流「アドラー」の教え

「嫌われる勇気(kindle)」


嫌われる勇気

「幸せになる勇気(本)」


幸せになる勇気 特装版 自己啓発の源流「アドラー」の教えII

「幸せになる勇気(kindle)」


幸せになる勇気

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)(kindle版)」


「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

audiobook

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。
タイトルとURLをコピーしました