ディズニーランドで魔法をかけられました。

Cinderella_Castle 子育て

中学以来、久しぶりに行ったディズニーランド

2013年のディズニーランド30周年の年。妻がディズニーランドに行きたいと言いました。
結婚して3年。ディズニーが好きというのは独身の時から時々聞いていたけど、結婚してからは一度も行ったことがありませんでした。


新婚1年目から妻が大きな病気を繰り返し、2回も入院して生死をさまよったこと、それらが落ち着いてきたこともあって「行きたいというなら」というおもいで僕も行くことになりました。僕自身中学の修学旅行以来、実に17年ぶりのディズニーでした。

ディズニーランド
https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/

到着してメインゲートに来ると妻のテンションが上がります。
(厳密にいえば舞浜駅を降りてBGMが聞こえてきたらテンションがおかしくなります)

で、写真をパシャパシャ(以降、我が家はディズニーに来ると妻がメインエントランス付近からなかなか動かず、2時間ぐらい経ってようやくシンデレラ城が見える位置まで入るのが通例になっています)
中に入ると「綺麗だなー」というのが久しぶりの感想でした。ディズニーはいつ行っても掃除が行き届いているし、本当にきれい。天気が良いとまるで外国、いや本当に夢のような国に来た感じがして感動したのを覚えてます。

ただ、当時の僕はどう楽しんで良いかわからず、単純に「とりあえずビッグサンダーマウンテンとかの乗り物かな」と思っていました。
すると妻が早速「ミッキーに会いに行こう」と言いました。

その時は魔法にかけられるとも知らず。。

ミッキーは誰に対しても平等

ディズニーランドに行ったことがある人ならご存知と思いますが、「ミートミッキー」という、ミッキーの家でミッキーに会えるんですよね。当時はそんなこと知らず妻に付いていくだけで内心「え!?ミッキーに会って写真撮るだけなのに1時間以上も並ぶの!?」と驚いたのを覚えています。

ところが並んでいる間も遊ぶ心をくすぐる工夫と、楽しい思い出をいっぱいしてくれる妻と共に徐々に列が進み、いよいよミッキーがいる場所まで来ました。

目の前にミッキーがいます。

前の人と写真撮ってます。前の女の子達、ミッキーと一緒に写真撮れてめっちゃうれしそう。

いよいよ順番が来ました。妻がミッキーに抱き着いて久しぶりの再会をかみ締めていました。僕は1歩も2歩も下がってその光景を写真撮影。「楽しそうで何より」と、どこか冷めた気持ちでいながらも、ミッキーと再会して喜んでいる妻を見てるだけで嬉しかったです。

ところが妻が離れた瞬間、ミッキーが僕に手招きするではないですか!
恥ずかしながらもキャストさんに背中を押されつつミッキーに近づき握手をしました。テレと緊張のあまりミッキーに話しかける言葉は敬語です。

「(お仕事)大変ですね」とかなんとか言ってたと思います。

て、一緒に写真を撮った後、ここで人生が変わったと言ってもいいぐらいの出来事が起きます。ミッキーが僕を抱きしめてくれたんです。

正直嬉しかったです。

当時で30歳過ぎておっさんになってしまった僕に手招きして抱きしめてくれるなんて。本当に予想外でした。てっきりそんな場面、女の子だけの特権だと思ってました。

ミッキーとの夢のような時間を過ごした後に妻が言った言葉「どうだった?ミッキーは誰に対しても平等なんだよ」と言った言葉は今でも忘れません。
ただ僕は素直ではないので「まあね、楽しかったよ」と適当に返しました。
でも確かに感じるものがありました「魔法をかけられるとはこのことか」と。

おじさん、童心に返る

それから毎年クリスマスになるとディズニーに行くようにしています。
ディズニーが我が家の1年頑張ったご褒美でもあるし、それを励みに頑張ってきてると言っても過言ではないぐらいディズニーを楽しみにしています。

ディズニーに行ったとき、皆さんどうやって楽しんでますか?

僕は最初の頃は恥ずかしさがあったけど、そんなことを微塵も感じさせない妻の幸せな姿を見て、そんな気持ちにさせるディズニーに感動し、「なぜそこまで魅了されるのか」とちょっとだけ真面目に考えてみました(頭が悪いのでちょっとだけしか考えられませんでした)

理由は簡単なんです。
「いつまでも童心を忘れないから」かなと。

僕自身、子供の頃はピーターパンに憧れました。緑の服着て空飛んでみたかったし、小さなナイフを使って悪者もやっつけたかった。かっこよかったなー。美女と野獣を見て子供ながらベルの美しさに「ふわー」と思ってました。

そう、ディズニーはそんな気持ちを思い出させてくれるんです。
そしてそういう気持ちを持った人を、たとえおっさんだとしても受け入れてくれるんです。
なので、僕もディズニーに行くときはすべてを忘れて童心になって楽しみます

夜のパレードはあまりの美しさで涙が出ます。
でも涙が出ているのは妻に内緒にしています。

また行きたいな。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました