呼び方はパパ・ママ?それともお父さん・お母さん?

yobikata 子育て

我が家では妻が「パパ・ママ」で、僕は「お父さん・お母さん」

我が家では子供が生まれる前から「お父さん・お母さんでいこね」と話し合ったはずなのですが、いつの間にか和洋折衷のハイブリッド方式を採用しております。

子供が小さいときはやっぱり「パパ・ママ」の方が呼びやすいのかもしれません。あとは保育園の方針もあるかも。先生から「パパとママにもちゃんと伝えておいてね」と話していれば自然とそうなるでしょうし。
娘はどちらでも理解しているようです。

世間様の反応はどうなんでしょうか。

面白い記事を見つけました。教育で有名なベネッセさんでアンケート調査を行ったようです。その中に今回のテーマになっている呼び方について2009年10月と、2018年11月に調査した結果がありました。
なんと10年で形勢逆転しています。

パパ・ママ派が約4割。5割はお父さん・お母さん
アンケート期間 2009年10月 回答者数:1,338人

https://benesse.jp/kyouiku/201002/20100225-1.html

「パパ・ママ」vs「お父さん・お母さん」 最新調査では「パパ・ママ」が優勢!

アンケート期間 2018年11月 回答者数:360人

https://benesse.jp/kosodate/201903/20190313-1.html

人数に差があるものの、2018年のアンケート結果ではパパ・ママ派が5割強、対してお父さん・お母さん派は3割強とのこと。
この10年で大きく変化していますね。おもしろい。
10年経つとパパ・ママ派で育った子供が保育園の先生になって、園児たちに浸透していく…という流れもあるのかもしれません。

保育園行くと、先生たち若いですから。年齢的にはまだ20代前半ぐらいの先生も多く、一般企業だとまだまだ新人扱いで大切に大切にされている場合もあると思いますが、いやはや先生たちは皆さん頼りになるし、たくましい。本当にありがたいです。

年齢や性別による違いもあるのかな?

上記のアンケートにも書いてありましたが、特に男のは小学生になって友達の前でパパ・ママと呼ぶのが恥ずかしくなって自然と辞めたりするケースもあるようですね。
女の子なんかは、いくつになっても通用する可愛い呼び方かもしれません。

両親の呼び方の変化と同時に、一人称(自分の呼び方)も〇〇ちゃんから、私、僕、俺に変わるのもだいたい小学校が多いと思われます。
小学校に入ると、立派な社会のコミュニティでの共存になるので、家庭とは違う環境で育っていく大切な過程なのかもしれませんね。
親としては嬉しい成長の瞬間でもあり、寂しさも感じるのでしょうか。

自分はどうだったのか思い出すと…。

我が家の場合は僕も妻も団塊ジュニア世代なのですが、二人とも両親に対しては「お父さん・お母さん」と呼んでいます。学生時代もだいたいみんな同じように呼んでいて、パパ・ママ派は少数だった記憶があります。

ただ僕自身の場合は大人になってから少し変わってきました。
今は「おかん」と「お父さん」
あれ?なんで「お母さん」だけ「おかん」なんだろう(笑)

結局のところ、どう呼ばれたい?

自分はどう呼ばれたいんだろうかと考えました。
自分の中で出した結論

「父親とわかる表現なら、何でもいいかな」

要は「お父さん」でも、「パパ」でも、どちらも「父親」を指しているのでどっちでもいいかなと。
もし僕のことを「おかん」と呼んで来たら、「違うよ」と訂正させるけど、どっちでも良いという結論です。それが男の子であっても、間違っている呼び方ではないので、そう呼びたければ呼んでくれてもいいけどなー。また年取ったら考え方も変わってくるのかな。

ただ、社会に出たときはきちんと「父と母」と表現するように、とは教えていけないといけませんよね。家族という小さな社会と、一般社会とはまたルールが違いますから。
どう呼んでいくかは子供を見ながら僕たち親も勉強して学んでいかないと。

まだまだ親になって5年。未熟者です。時代によって変わってくる新たな知識や常識を柔軟に受け取れるような大人でいたいものです。おしまい。

The following two tabs change content below.

かずけ

小さい間は手がかかるため、親として余裕が持てず可愛い場面に出会ってもなかなか記録に残せませんでした。 上の子が少し大きくなったのをきっかけに、さり気ない言葉や仕草を残していこうと思います。 詰めが甘いへっぽこブログですが、くすっと笑えて、ちょっぴり役に立ちそうな出来事を書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました